弟に腹を刺された厚労省幹部、死因は出血性ショック死

 12日、東京・港区のマンションで厚生労働省幹部の女性が弟に腹を包丁で刺され殺害された事件で、女性の死因が腹を複数回刺されたことによる出血性ショック死であることがわかりました。
 この事件は12日午前5時すぎ、厚生労働省・関東信越厚生局長の北島智子さん(56)が港区高輪にある北島さんの弟(52)が住むマンションで、弟に腹を包丁で刺され死亡したものです。弟は殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されましたが、警視庁へのその後の取材で、北島さんの死因は腹を複数回刺されたことによる出血性ショック死であることがわかりました。

 弟と同居している足の具合が悪い母親を介助するため、北島さんは11日夜から弟の自宅を訪れていたということで、警視庁は容疑を殺人に切り替え、弟の刑事責任能力の有無も含め慎重に調べを進めています。(13日13:05)