3連休また直撃 “台風15号”愛知・静岡では線状降水帯発生で記録的大雨 各地で冠水相次ぐ 土砂災害・氾濫に厳重警戒

再び3連休というタイミングで台風が日本列島に近づいてきました。台風15号は24日、西日本から東日本の太平洋側に接近しますが、静岡県や愛知県では、線状降水帯が発生し記録的な大雨に。冠水する場所も相次ぎました。

■愛知・静岡で“緊急安全確保レベル5”“記録的短時間大雨情報”

台風15号の接近に伴い、静岡・浜松市では23日夕方から激しく雨が降り、広い地域で冠水しました。道路上ではエンジンが止まってしまう車も…

車の持ち主


「急に中のアラームが鳴って、エンジン止まっちゃった。本当に急にパタンと止まってしまった感じ」

気象庁は23日午後11時前、静岡県中部と西部、愛知県東部に

「線状降水帯発生情報」

を発表しました。
また静岡県浜松市は23日午後11時10分、約70万人を対象に

「緊急安全確保」

を発表。

「緊急安全確保」

は5段階の警戒レベルのうち危険度が最も高いレベル5です。

静岡・掛川市の東名高速道路上では、非常に激しい雨と雷が続き、掛川駅の地下通路では雨水が広がっていました。

23日午後11時すぎ、静岡・島田市付近で120ミリ以上の雨が降ったとみられるなど12か所で

「記録的短時間大雨情報」

が出されました。
 

■“道路で動けなくなったバス”冠水被害相次ぐ

普段は田んぼだという愛知・安城市では、あたり一面が冠水。近くの住宅街にも水が広がっています。

近所の住人


「もう雨は朝からずっと降ってるんですけど、ここまで来たのはやっぱり夕方5時ぐらいにはもう道路に出てきてるので。そこからやっぱり2時間ぐらいで上がってきて」

23日午前、日本の南で発生した台風15号。再び3連休の列島を台風が直撃しました。

三重・志摩市の道路で動けなくなったバス。辺り一帯は広い範囲で冠水していました。
三重県では、23日午後2時半までの1時間に、志摩市付近で約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

三重・鳥羽市にある寺の階段を、滝のように流れ落ちる雨水。大量の雨水は坂を下り、住宅街へ。増水した茶色く濁った水は川沿いの住宅街に迫っています。


台風15号の影響は、隣の愛知県でも。海の幸を楽しもうと飲食店を訪れていた人たちは…

「残念ですね。せっかくね、コロナも一段落かなとかって。そろそろだと思ったんですけどね」

愛知・幸田町の高架下では、冠水した道路に車が水没。天井部分だけが確認できます。近くの会社から撮影した人によると、ドライバーは窓から逃げて無事だったということです。

家族連れなどで賑わうはずの動物園は、この雨で人の姿はまばらです。

来園客


「また雨かっていう感じですね。先週も雨だったので」
「またかぁという感じです。でもちょっと雨でも、楽しみたいなって」

台風の接近は、多くの人々の予定を狂わせました。

ーーどこ行ってきた?

鹿児島から東京に来た家族


「ディズニーランドです。楽しかったです」
「明日帰る予定だったが、1日前倒しで、残念ながら帰ることになりました」

岡山に帰省予定


「台風が来るかどうかっていうので、(実家に)帰るかどうするか悩みました。(日曜日は)様子見て、(東京に)帰って来られたら飛行機で帰ろうかな」

関連記事(外部サイト)