ホルムズ海峡近くで日本関係のタンカーが攻撃される 乗組員1人がけが

記事まとめ

  • ホルムズ海峡近くで日本の会社が運航するタンカーが攻撃され、乗組員1人がけがをした
  • エンジン近くに砲弾を受けて外板が貫通し、その火花で延焼が生じたという
  • 国華産業の堅田社長は「なぜ我々の船が攻撃を受けなければならないのか」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております