東京五輪マラソンコース、IOC委員会 了承見送り

東京五輪マラソンコース、IOC委員会 了承見送り

東京五輪マラソンコース、IOC委員会 了承見送り

 札幌での実施が決まっている東京オリンピックのマラソンと競歩について、現在開かれているIOCの理事会が、大会最終日までの4日間に競技を集中して実施する日程に同意しました。

 一方、マラソンと競歩のスタート地点とゴール地点を札幌市中心部にある大通公園とすることも承認されたということです。ただマラソンでは、組織委員会が提案していた市中心部を2周するというコースについては了承されず、前半の1周20キロ分だけが合意が得られたということです。

 「国際陸連も『現地を見たい』と専門家が言っていて、そういう作業をしてからもう一度話し合うということだが、日本側の主張で理解が得られるだろうと」(森喜朗 組織委員会会長)

 マラソンコースについては世界陸連との間で調整が続いていて、組織委員会は今月半ばには確定させたいとしています。(04日18:43)