安倍晋三前首相、菅義偉首相だけじゃない!日本のコロナ禍を拡大させた「戦犯」リスト

安倍晋三前首相、菅義偉首相だけじゃない!日本のコロナ禍を拡大させた「戦犯」リスト

菅義偉首相

 デルタ株が猛威を振るい、ワクチン接種も順調とは言えず、出口が見えない新型コロナウイルスの脅威。日本をコロナ地獄に変えたのは誰か。今週はコロナ禍を拡大させた7人の戦犯を追及する。

 まず、コロナ禍というパンドラの箱を開けた張本人と言えるのが、WHO(世界保健機関)のテドロス・アダノム事務局長だ。

「2020年1月23日に、中国の武漢市で集団発生した新型コロナウイルスによる肺炎を、WHO内で『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』を宣言する動きがあったが、テドロス氏はこれを拒否。結果、感染は全世界へ拡大した。このとき、宣言によって、中国からの人流を抑制していたら、500万人もの命が失われずにすんだはずです」(ジュネーブ駐在記者)

 当時、経済の失速にあえいでいた中国にとって、緊急事態宣言による貿易制限は死活問題だった。

「中国はWHOへの巨額支援のみならず、テドロス氏の母国、エチオピアにも巨額融資を行っています。テドロス氏が中国へ忖度したのは明らかですね」(前同)

 このことに、作家の岩井志麻子氏が憤慨する。

「けしからんですね。 “中国から金をもらってんだろう”みたいなことも言われていますが、別の弱みも握られているに違いない」

 国内に目を向けると、安倍晋三前首相もテドロス事務局長と同罪と言える。

「20年1月30日、武漢を含む中国湖北省からの入国は拒否したが、中国の他の地域からの入国を規制しなかったため、春節に大勢の中国人が日本を訪れ、感染拡大のきっかけとなった。当時、習主席の訪日が予定されていたことで、感染対策よりも首脳会談実現による政治的な成功を優先させた罪は大きい」(全国紙政治部記者)

関連記事(外部サイト)