河野太郎vs岸田文雄vs高市早苗!「新総理候補」3人のマル秘素顔

河野太郎vs岸田文雄vs高市早苗!「新総理候補」3人のマル秘素顔

画像はイメージです

 4候補が出馬し、混戦模様となっている自民党総裁選。9月29日の投開票に向け、各候補とも“票読み”に追われている。「目下、票集めでトップを走っているとされるのが、河野太郎ワクチン担当相(58)です。ただし、これは党員票が中心。議員票では岸田文雄前幹事長(64)、高市早苗前総務相(60)と拮抗しています。

 推薦人をかき集めて出馬した野田聖子幹事長代行(61)は“泡沫候補”に終わりそうなため、総裁選は河野、岸田、高市の三つ巴のバトルとなっています」(全国紙政治部デスク)

 自民党総裁選は382人の議員票、同数の党員票で争われる。

「1回目の集計で過半数を取れなければ、1位、2位で決戦投票となります。決選投票では議員票は382のままですが、党員票は都道府県ごと1票に集約されるため、47票となります。つまり、決戦投票では議員票を多く集めたほうが有利なんです」(前同)

 現状では河野氏が1回目の投票で過半数を獲得する可能性は低く、決戦投票が有力視されている。

「河野vs岸田の一騎打ちだったら、1回目の投票で河野さんが過半数を取り、勝利したはず。ただ、高市さん、野田さんも出馬したことで、決戦投票が決定的になったと言えます」(政治評論家の有馬晴海氏)

 過去の決戦投票では、2位になった候補を3位になった候補が支援する“2位・3位連合”が形成されるケースもあった。

「今回の場合、河野vs岸田で決戦投票となれば、高市支援に回った安倍晋三前首相陣営の議員票が岸田さんに回るため、岸田新総裁が誕生するはずです」(前同)

 しかし、ここにきて、党内では高市氏の評価が急上昇しているという。

「公開討論などで歯切れのよい受け答えを見せたため、“高市総理もいいじゃないか”という声が増えているんです。河野vs高市で決戦投票となれば、岸田陣営は高市支援に回るため、高市総裁の目もあります」(同)

関連記事(外部サイト)