悪夢の円安到来!春からますます値上げラッシュ!日本はなぜこんなに貧乏になった?

悪夢の円安到来!春からますます値上げラッシュ!日本はなぜこんなに貧乏になった?

画像はイメージです

 かつてはドルと並ぶ世界通貨だったはずの「円の価値」が、50年前のレベルにまで落ち込んでいる。

 国際決済銀行が発表した1月の円の「実質実効為替レート」は67.55で、1972年6月以来の低水準に喘いでいるのだ。

「現在の為替相場は、1ドル=115円ほどです。円安と感じないかもしれませんが、実質実効為替レートは為替相場に加えて、各国の物価や貿易量を考慮して設定されています。いうなれば、その通貨の“購買力”を示すもの。レートが下がれば、海外製品を買う力が落ちているということです」(経済誌記者)

 そこまで円の力が低下した原因は、何か。経済アナリストの森永卓郎氏は言う。

「財務省の失敗です。バブル崩壊後、不良債権を抱えた銀行を救済すると言って、優秀な企業群を二束三文で投げ売りさせてしまった。その結果、世界に占める日本のGDPの割合は、20年前の18%から、現在は6%まで落ち込んでいます。これで不景気にならなかったら、おかしいくらいです」

 以前は、円安であれば、自動車メーカーを筆頭に輸出企業が儲かるので、景気は上向くといわれていた。

「今はメーカーの現地生産が進んでいますので、メリットは薄い。むしろ、円安で輸入品の価格が相対的に上がり、庶民生活にダメージを与える。すでにガソリンは170円近い高値が続き、小麦が原料のパンやパスタ、調味料といった食料品からティッシュなどの日用品まで、値上げラッシュを引き起こしています」(前出の経済誌記者)

 実際、物価高を感じる庶民は急増。共同通信が2月19〜20日に実施した世論調査では、「物価上昇による生活の打撃がある」と答えた人は、「非常に」と「ある程度」を合わせると、77.0%に上っている。

 現在発売中の『週刊大衆』3月14日号では、春の値上げ前に早買いすべき商品リストも公開している。

関連記事(外部サイト)