イカ&ウニ&イクラが日本の食卓から消える…?地球温暖化、ロシアの紛争が原因「消える海産物」

イカ&ウニ&イクラが日本の食卓から消える…?地球温暖化、ロシアの紛争が原因「消える海産物」

画像はイメージです

 日本の海に、異変が起きている。

「長年にわたって、イカの水揚げ日本一だった八戸港(青森県)ですが、昨年のイカの水揚げ高は前年比44%減の7842トンでした。その5年前は2万2120トンでしたから、3分の1近くまで落ち込んでいます。特に、近海で獲れるスルメイカの減少幅が大きいですね」(業界紙記者)

 東海大学海洋学部教授の山田吉彦氏は、イカの水揚げ減少について、こう解説する。

「イカは、海水の温度や塩分濃度の変化を嫌います。地球温暖化で、東北地方では集中豪雨が頻繁に発生しました。その結果、海水に急激な変化が生じて、イカの生息域が変わってしまったようです」

 イカに限らず、自然環境の変化などで、日本人の食卓から姿を消しそうな魚は多い。高級食材のウニも、その一つだ。

「昨秋以降、北海道の太平洋側では赤潮が長期間発生し、ウニ漁は大打撃を受けました。襟裳岬の近くでは、ほぼ全滅したとも聞きます」(前出の業界紙記者)

 現地では、稚ウニを放流するなど手を打ったものの、状況は厳しいという。

「その生育には、最低でも4年かかります。輸入で補おうとしても、全体の45%を占めていたのはロシア産。日ロ関係の悪化で、輸入が途絶えています」(前出の山田氏)

 北海道では、特産品であるサケ、そして、そこから採れるイクラの漁獲量も落ち込んでいる。

「親潮が弱くなったことや海水温の変化が原因の一つとされ、昨年のサケの水揚げ高は、最盛期の2割まで落ち込みました。秋にピークを迎える今年のサケ漁も心配です」(漁業関係者)

 サケと並ぶ秋の味覚の代表格といえば、サンマだ。長らく庶民に愛された大衆魚だったが、近年は中国など周辺諸国の乱獲で、水揚げ高が減少。今や“高級魚”になってしまったのは、ご存じの通りだ。

「原因は他にもあります。イカと同様に地球温暖化の影響を受けて、群れの場所が沿岸から海水温の低い沖合に移ったんです。加えて、世界的な原油高が燃料代の高騰につながり、漁船は沖合まで獲りに行けません。今秋の水揚げも望めないでしょう」(山田氏)

 現在発売中の『週刊大衆』5月23日号では、このほかにも食卓から消える可能性のある海産物を一挙掲載している。

関連記事(外部サイト)