約10億円詐取も…許すまじ!どうしてこんなに被害が多い?「コロナ給付金不正受給」の闇

約10億円詐取も…許すまじ!どうしてこんなに被害が多い?「コロナ給付金不正受給」の闇

画像はイメージです

「コロナ給付金」の不正受給による逮捕者が、全国で続出している。

「その代表である持続化給付金は、個人事業主や中小企業を支援するため、2020年5月から申請が始まりました。迅速な支給を行うため、手続きが簡素化されたことを危惧する声は多かった。当時、党政調会長だった岸田文雄首相も“制度の悪用に対する懸念への指摘がある”と述べていました」(全国紙政治部記者)

 21年2月で終了した持続化給付制度の給付件数は424万件で、給付総額は5.5兆円。その一方で、6月2日現在、不正受給による自主返還件数は1万5440件、返還総額は約166億円に上っている。

 先月30日には、警視庁が持続化給付金をめぐる詐欺容疑で、三重県津市の親子3人を逮捕した。逮捕されたのは、母親で会社員の谷口梨恵容疑者(45)と22歳と21歳の息子だった。

「3人は、20年5〜9月にかけて持続化給付金の虚偽申請を繰り返し、約10億円を詐取。首謀者と見られる父親の谷口光弘容疑者(47)は、同年10月にインドネシアに高飛びしてたが、今月8日、現地で逮捕されています」(全国紙社会部記者)

 持続化給付金は前年度と比較し、いずれかの月の売上げが同月比で50%以下になれば、給付対象となる。個人なら最大100万円、法人は200万円が支給され、返済は不要だ。

「光弘容疑者は、そこに目をつけた。20年5月の申請開始直後から上京し、都内のマンションでセミナーを開催。SNSでも“誰でも給付金はもらえる”と謳い、申請者を募っていたという。彼は不動産や太陽光ビジネスで成功し、昔は赤のフェラーリに乗っていた時期もあったが、事業に失敗したそう」(警視庁関係者)

関連記事(外部サイト)