NHK「完全にホラー映画」65頭の牛襲撃のヒグマ「OSO18」の『Nスペ』予告編が怖すぎる件

NHK「完全にホラー映画」65頭の牛襲撃のヒグマ「OSO18」の『Nスペ』予告編が怖すぎる件

日刊大衆

 11月26日、『NHKスペシャル』で放送されるドキュメンタリーの予告が、ホラー映画並に怖い、と話題になっている。

「NHKで特集されるのは、現在、北海道で“怪物”との異名で家畜を次々に襲う“ヒグマ”です。番組タイトル『OSO(オソ)18 〜ある“怪物ヒグマ”の記録〜』というタイトルで、すでに恐怖も感じますが、公式ツイッターやサイトで公開されているPVが、あまりにも怖いと話題になっているんです」(芸能誌記者)

 すでに多くのメディアでとりあげられているが、このヒグマは4年で65頭の牛を襲い、31頭を殺している。

「捕獲対策を全て潜り抜けた高い知能で、事件が頻発しているにもかかわらず、目撃情報すらない。さらに、家畜を食べるためではなく、惨殺するだけの“愉快犯”のような犯行にも注目が集まっています。

 名前の由来は、初めてその姿が確認された標茶(しべちゃ)町下オソツベツの地名と、前脚の跡の巨大さ(幅18センチ)にちなんで「OSO(オソ)18」と言うコードネームが付けられたのだとか。聞けば聞くほど怖さがましていきますね」(前同)

 7月27日には、標茶町の牧場で乳牛1頭が死んでいるのが確認され、被害牛の背中の一部に食べられた痕跡があるといった特徴から、オソ18による襲撃と見られている。一部報道では、オソ18は体重400キロ近くの巨大ヒグマという予測も立っているが……。

「専門家による推定だと、体長2メートル程度、体重300キロ前後と言われています。大型のオスの成獣であるのは間違いありませんが、これよりもっと大きなサイズのヒグマも存在するようです」(前同)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?