安倍晋三VS小泉進次郎、東京五輪を巡る「1500日戦争」勃発!

安倍晋三VS小泉進次郎、東京五輪を巡る「1500日戦争」勃発!

記事画像

 苦い過去を乗り越え太平の世を築かんとする大将軍に、いつか斬り込まんと槍を磨く若き武者。決着の行方は!?

 4年後の東京五輪まで、およそ1500日。名誉ある開催国の首相を誰が務めているのか。永田町では早くも、“政局”絡みの動きが勃発しようとしている。

 口火を切ったのは、自民党の二階俊博幹事長。安倍晋三首相の自民党総裁の任期延長に繰り返し言及しているからだ。安倍首相の総裁任期は2018年9月までで、党内には連続3選を禁止する規定がある。ところが、二階氏は、党の政治制度改革実行本部で「総裁任期3期9年」へ向けた議論を今秋から始め、来年初めの党大会で正式決定する方針を示唆している。

「規定が改正され、次回の総裁選で安倍さんが3選となれば、東京五輪の際の“日本の顔”は安倍首相になります。しかも、9年という異例の長期政権となり、永田町では、“安倍さんは(徳川)家康になるつもりか”という皮肉も聞こえきているのです」(自民党関係者)

 ご存じの通り、家康は“徳川300年”に及ぶ長期政権の礎を築いた武将。

「安倍さんは五輪後、大のお気に入りの稲田朋美防衛相らのシンパに“二代将軍”の座を譲り渡し、“大御所”として、自身の天下を永続させるつもりなのでしょう」(前同)

 この動きに噛みついたのが、自民党の石破茂前地方創生担当相と小泉進次郎農林部会長の2人。石破氏はラジオ番組で、「(総裁任期が切れる)2年先のことなんて誰にも分からない。なぜ今なのか」と述べ、進次郎氏は東京都内の講演会で、「率直に言って、なぜ今なのか分からない。急いで議論すべきことがそれか」と、怒りを滲ませた。特に進次郎氏は、NHK大河ドラマ『真田丸』の主役・真田信繁に見立てられ、永田町では「“家康”安倍首相を最も恐れさせているのが、“信繁”進次郎……」(前出の自民党関係者)と言われているという。確かに、真田信繁は大坂夏の陣で一時、家康に切腹を覚悟させたと伝わっている。

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が、こう続ける。

「岸田文雄外相と石破氏のように“ポスト安倍”を狙う者にとって、総裁任期の延長は、自分たちの出番がなくなるという危機感を抱かせるもの。また、進次郎氏らの世代からすると、9年間もの長期政権が続いたら、世代交代はいつ実現するのか、という不満を抱えることになります」

 そこで“ポスト安倍”を狙う勢力と進次郎氏らの若手が「安倍3選」に猛反対し、それが政局につながるという読みが現実視されているというのだ。鈴木氏は話す。

「進次郎氏は石破氏と連合する可能性が高いです」

 進次郎氏は、前々回の12年9月の総裁選で、安倍首相サイドの熱望を振り払って石破氏に投票している。一方、幹事長時代に、石破氏は新聞のインタビューで、「進次郎氏をいつかは自民党総裁に……」と発言。進次郎氏の復興政務官起用を決めたのも石破氏だった。結果、進次郎氏は、東日本大震災の復興を自身の政治テーマに掲げるようになる。

「この2人には、いくつか共通点もあります。人気者の彼らは選挙の際に引っ張りだこ。ただし、選挙応援に出向くのは自民党が苦戦している選挙区です。だからこそ両者は、自民党がなぜ嫌われているのか肌で感じ取っているのです」(前出の鈴木氏)

 したがって、2人の発言は似通ってくる。総裁任期延長に疑問を呈するコメントでも、両者「なぜ今」というフレーズを使っている。

「つまり、石破・小泉(進次郎)連合が安倍首相の総裁任期延長を阻止すべく、政局絡みの動きを見せることは十分に考えられます」(前同)

 しかし、それはあくまで前哨戦なのだ。自民党関係者が、こう続ける。

「何かと歴史とオーバーラップさせるのが好きな永田町では、今の安倍首相の状況を、関ヶ原の戦い直前に、ライバル陣営を切り崩して多数派工作する家康とダブらせています。政治改革実行本部の本部長には、昨年の安全保障関連法の与党内論議をまとめた高村正彦副総裁が就任、本部長代行には茂木敏充政調会長が就きました。安倍さんは、続投に賛成しそうなメンバーを糾合し、実行本部を中心に中央突破しようとしているんですよ」

 そして、きたる本戦(18年9月の総裁選)で“ポスト安倍陣営”を蹴散らす作戦なのだ。今のところ、想定される安倍首相の対抗馬は、岸田外務大臣と石破氏だ。

「総裁選でも、進次郎氏は石破氏を支持する公算が高いと思います。そうなれば安倍陣営としても侮れません。進次郎氏が石破氏を推すことによって、党の若手票や地方票が石破陣営に流れ込んでくることが予想されるからです」(鈴木氏)

 そもそも、進次郎氏と安倍首相の政治ポリシーはかけ離れている。いくつか焦点を絞って比べてみよう。まず、安倍首相が意欲を燃やす憲法改正。それについて進次郎氏は「野党第一党を巻き込むときが憲法改正のタイミング」と述べ、早急な改憲には慎重な姿勢を見せている。

 さらに、原発を巡っては安倍首相と真っ向から対立している。

「表向き、進次郎氏は原発の再稼働に慎重な姿勢を見せるにとどまっています。しかし、父親の純一郎元首相の影響もあり、本音は脱原発派。進次郎氏と交流のある福島の地方議員らは、そう口をそろえています。経済産業省と一体になって原発政策を推し進める安倍首相とは正反対の立場なのです」(全国紙政治部記者)

 安倍政権の命運を担うアベノミクスについても、進次郎氏はかつて雑誌の取材に対し、「アベノミクスは時間稼ぎに過ぎない。ほかに取り組むべき構造的な課題がある」と批判的だ。

 同じ党にいながら、政策的には安倍首相と正反対とも言える進次郎氏。天下分け目の関ヶ原となる次の総裁選で、彼が中心となる「石破・小泉」連合が、最強と謳われる“安倍軍”を倒し、天下を掌中にできるのか!?

 だが、仮に敗れたとしても、安倍首相と進次郎氏の「1500日戦争」はまだまだ続く。

「4年後の東京五輪が終わったのち、改めて総裁選が行われます。総裁任期が延長になったとしても安倍首相の任期はそこまで。禅譲を期待し、おそらく稲田さんがポスト安倍の一番手に名乗りを上げるでしょう。ですが、そのときには、進次郎氏も首相の座を狙えるまでに急成長しているはず」(自民党の若手議員)

 全国的な知名度はむろん、進次郎氏には党青年局時代に党内若手の旗手となり、農水部会長や選挙応援を通じて「党内には事実上、“小泉派”という集団ができつつある」(前同)という。

 だが、総裁選に勝利するためには、やはり“金”も必要。キレイ事だけでは済まされない世界だからだ。

「初当選した09年に、約6800万円だった進次郎氏の政治資金が14年には、1億円の大台を突破しました。ちなみに、その年の安倍首相が関係する6つの政治団体の政治資金は計約1億8400万円。政治資金の面でも、初当選時と比べると急成長しています」(前出の政治部記者)

 まさに、関ヶ原の戦いに敗れて紀州九度山に蟄居していた信繁が一念発起。15年後、大坂冬の陣で家康の心肝を寒からしめたごとく――なり。その頃、“大御所”として院政を敷いているはずの安倍首相を追いつめることができるのか。東京五輪を巡る「1500日戦争」が、今、幕を開けた!

関連記事(外部サイト)