田中角栄の真実「ロッキード事件は冤罪だった!」

田中角栄の真実「ロッキード事件は冤罪だった!」

記事画像

 今太閤と呼ばれた政治家を突如として襲った疑獄事件。その背後にはドス黒い国際陰謀が渦巻いていた――!!

「私は田中派の議員というより一政治家としてロッキード事件に強い疑問を抱いたので、当時、アメリカを何度も行き来しました」 こう語るのは、田中角栄元首相率いる田中派の議員として、角栄氏の傍らで仕えた石井一元自治大臣(衆院11期、参院1期)だ。石井氏は7月に『冤罪〜田中角栄とロッキード事件の真相〜』(産経新聞出版)を上梓、各界で反響を得て版を重ねている。

 石井氏は当時“田中派の青年将校”と呼ばれ、角栄氏の傍を離れることがなかっただけに、著書には、これまで知られていないエピソードが散見される。「石井氏はロッキードは冤罪であると主張していますが、私もその通りだと確信しています。現役の政治部の記者でロッキードを“額面通り”に受け止めている人間は皆無ですよ。現在、多数の関連書が発行されて角栄氏が再評価されていますが、その多くは氏のトップとしての器や、人情家としての一面に焦点を当てたものです。ただ、石井氏の著書のように、ロッキードという“最悪の茶番劇”の正体を暴くことこそが、角栄氏の本懐なのではないでしょうか」(『嵌められた政治家たち』の著書がある政治ライターの鈴木文矢氏)

 戦後最大の疑獄とされるロッキード事件(1976年=昭和51年)当時、角栄氏はすでに首相を辞任していたが、自民党内の最大派閥の領袖として事実上、政局を操っていた。「角栄氏が内閣を解散し首相を辞任したのは、74年10月に発行された月刊誌『文藝春秋』の特集でした。『田中角栄研究その金脈と人脈』と題された記事がもとで、“金権政治は許さない”の世論が巻き起こり、野党が関係者の国会招致を求めたため、角栄氏は首相辞任を余儀なくされたわけです」(前同) 権力者を殺すのに刃物は不要。スキャンダルの一つもあればよい……というのが、政界のルール。しかし、規格外のパワーを持っていた角栄氏は死ななかった。

「首相を辞めてからも自民党最大派閥の領袖として、政局を牛耳っていましたからね。“闇将軍”“キングメーカー”と呼ばれ、絶大な権力を誇示していました」(ベテラン政治記者) 衰えを見せない角栄氏の権勢に焦る黒幕が放った“トドメの矢”が、ロッキード事件だったという。

 以下、事件の経緯を振り返りながら話を進めたい。事の発端は米上院のチャーチ委員会(多国籍企業小委員会)だった。委員会を率いるチャーチ上院議員のオフィスに、段ボールが届く。その中には、米大手航空機メーカーであるロッキード社(現ロッキード・マーティン社)の秘密資料や自社航空機の売り込み工作に使用した金銭の領収書が詰め込まれていた。チャーチ上院議員は、委員長を務める委員会で徹底追及することを決めるのだが、石井氏は“不可解な点”を次のように指摘する。

「本来、これは上院の別の委員会で取り上げるのが筋でした。しかし、チャーチ氏は当時、大統領選出馬を狙っていたため、知名度を上げて選挙を有利に戦うべく、自らの委員会で取り上げることにしたのです。また、チャーチ氏は31歳までCIA(米中央情報局)の職員だったとされる人物であったため、段ボールの送り主を知っていたはずです。送り主にしても、“チャーチ氏ならば、これを執拗に追及する”ことを知っていたと思われます」

 その後、チャーチ委員会によって、ロッキード社が旅客機トライスターを世界中の航空会社に売り込むために、各国の政府関係者に巨額の金をバラまいていたことが明らかにされる。「当然、全日空も工作対象に含まれていました。ロッキード社は代理店として商社『丸紅』と契約したうえ、“日本の政財界の大物フィクサーだった児玉誉士夫氏を対日工作の裏の代理人として立て、約21億円を政府関係者に支払った”と、コーチャン副会長と元東京駐在事務所のクラッター代表が証言しています」(前出の記者)

 さらに、児玉氏が預かった工作資金は、角栄氏の支援者で豪腕として知られる政商の小佐野賢治氏や丸紅に渡り、そこから当時首相だった角栄氏に5億円が渡されたことが明るみに出ると、政財界を巻き込んだ一大疑獄へと発展。日本の国会でも追及され、次々と関係者が証人喚問の席に立たされる事態となった。

 国内報道は過熱し、検察による異例とも言える急速な捜査の進展もあり、事件の発覚から半年も経たずに関係者が次々と逮捕され、角栄氏も76年7月27日に受託収賄罪および外為法違反容疑で逮捕される。猛スピードで進んだ一連の逮捕劇には、常軌を逸した面が多々あるという。



「“角栄逮捕”のシナリオありきだったわけです。チャーチ上院議員のオフィスに秘密情報が詰まった段ボールが届いた経緯からして、不信極まる。アメリカで火がついて日本側も捜査に乗り出すわけですが、金を渡した贈賄側にもかかわらずコーチャン氏らが罪に問われることはなかった。コーチャン氏の尋問について免責を与えたのは、日本の刑事訴訟法にはない超法規的措置です。さらに、弁護士を立ち会わせ、反対尋問をさせなかった。一方で、角栄氏をはじめとする収賄側だけ逮捕されるというのは、司法もへったくれもない“片八百長”ですよ」(鈴木氏)

 実はコーチャン氏の証言による調書は、最高裁では証拠にならないと判断されている。「それならば、裁判を最初からやり直すのが筋でしょう。そうすれば、これが冤罪であったことが証明できたはずです」(石井氏) 石井氏は、角栄氏が逮捕されてから公務の合間を縫って何度も渡米し、独自に調査を進めている。その中で、キーマンであるロッキード社のコーチャン、クラッター両氏にも接触を試みている。

「両者ともガードが堅く、コーチャンからは“ものを言えば命が危ない”という返答を得るのが精いっぱいでした。クラッターは面会のアポを取りつけたのですが、自宅に行ってみると、ドア越しに“こらえてくれ、口を開いたら殺される”とうめくように言われました」 石井氏は、アメリカで凄腕の弁護士の強力も取りつけている。ニクソン大統領を失脚させたウォーターゲート事件の主任検事を務めたベン・ベニステ氏だ。

 ベニステ氏は石井氏に、「この事件は発端からしておかしい。確実に国務省(日本の外務省に相当)とCIAの一部がチャーチ上院議員と打ち合わせている」と断言したという。日本の権力側も、これに呼応するように行動した。当時の主任検事だった吉永祐介氏は、「あんな簡単でやりやすい事件はなかった」と打ち明けたという。時の三木武夫首相を筆頭に、政府が全面的に協力し、捜査のお膳立てをしてくれたわけだから当然だろう。

 石井氏はベニステ氏を来日させ、都内ホテルのワンフロアを借り切り作業に当たったというが、なんとベニステ氏のボディガードは銃を携帯していたという。「そんなもの必要ないと言ったら、“米国の国家機密に手を突っ込んだら、CIAにすぐに見つけ出され、抹殺される”と言われ、身が引き締まりましたね」(石井氏)

 結局、ベニステ氏の助力を角栄氏が断ってしまったため、凄腕弁護士のお手並みは陽の目を見なかった。角栄氏の預かり知らぬところで、着々と進む陰謀。では、氏はいったい、どんな“虎の尾”を踏んだのか。

「米国政府は当時、オヤジ(角栄氏)のことを“デインジャラス・ジャップ”と呼んでいたと聞きました。要はアメリカの国益にそぐわない総理ということです。オヤジは愛国者であり、日本の主権と国益を第一に考えていた。中国との国交正常化はアメリカに先んじる格好になったし、エネルギー外交でも従来とは異なる独自のアプローチで進めていた。これがアメリカの国益にそぐわなかったのです」(石井氏)

 アメリカ側に全面協力したのが、角栄氏と対立していた三木政権だった。「ロッキード事件の本質は、日本を属国と見なすアメリカの権力中枢が、ありもしない収賄事件を作り、角栄氏の政敵もコマとして利用して強行した壮大な謀略だったのです。アメリカ側で事件を指揮したのは、当時、急速に存在感を増し、外交を一手に仕切っていたキッシンジャーですね」(鈴木氏)

 キッシンジャー氏はニクソン政権で大統領補佐官、続くフォード政権では国務長官に就任している。高名な在米韓国系女流ジャーナリストの文明子氏は、石井氏に対し、「キッシンジャーに事件の首謀者ではないかと問いかけたら、“オフ・コース(もちろん)”と答えた」と明かしたという。

 83年10月12日、一審判決の公判があったその日、角栄氏は、派閥メンバーらに「今日から楽にさせてやる。安心しろ」と微笑み、東京地検に出かけたという。自身の無罪を信じて疑っていなかったからだ。ところが、予想だにしなかった有罪判決が下され、帰宅した際には“阿修羅の如き形相”だったという。

「アメリカの公文書は作成から25年が経つと、公開の対象となりますが、ニクソン、フォード両政権における米国外交文書で日本に関連する部分に関しては、いまだ“機密解除を検討中”となっています。日本の外務省に問い合わせたら、キッシンジャーの指示で25年が50年に延長されたと聞きました……。これがオープンになったとき、オヤジの事件が冤罪であったことが明らかになるでしょう」(石井氏)

 “不世出の政治家”田中角栄は、こうして葬りさられたのだ。

関連記事(外部サイト)