ポスト安倍から橋下徹“再登板”まで…政治記者「オフレコ座談会」

ポスト安倍から橋下徹“再登板”まで…政治記者「オフレコ座談会」

記事画像

「ここだけの話だけど」と念を押した政治家センセイ方、ゴメンナサイッ! 新聞・テレビは書けない真実がここに。

 第二次安倍内閣が誕生し、約1400日。安倍首相は「総裁任期延長」を睨みつつ、さらなる長期政権を欲して手綱を引き締めるも、野党は反発。与党でも、小池百合子氏が嵐を巻き起こし、混迷を極めている。そこで本誌は、政界のタブーを知り尽くした政治記者を招き「オフレコ座談会」を挙行。魑魅魍魎の“危なすぎる話”がテンコ盛り!



■座談会参加者

A 大手新聞社 政治部デスク 40代

B 地方新聞社 政治部記者 30代

C 民放キー局 政治部デスク 40代

A 小池(百合子東京都知事)さんは、すごいよね。ブラジル・リオデジャネイロへの五輪視察から帰国すると、築地市場の豊洲移転延期、都政改革本部の立ち上げと剛腕ぶりを連発。「小池劇場」の開幕です。

B 都の幹部たちには、07年に女性初の防衛大臣となった際の、“防衛省の天皇”こと守屋武昌元防衛事務次官との同士討ちが、強烈な印象を残しているようです。で、すでに「第2の橋下劇場が始まる!」なんて懸念の声も聞きますよ。

C セルフプロデュースもうまい人だからね。リオ五輪の閉会式に向かった際、女性ならではの“日本の勝負服”である和服で登場。舛添要一前知事が「ファーストクラス問題」で叩かれたため、自身はここぞとばかりにビジネスクラスで移動。ただ、さすがに往復で地球1周分のフライトに疲れたらしく、安倍首相が政府専用機(ファーストクラス以上)で移動したことに、「一緒に連れて行ってくれたほうが、経費もかからず、私も楽だったのに、都知事選の遺恨が残っているのかも」なんて、周囲にグチってたみたい(苦笑)。

A 都知事選でいえば、小池さんを応援した唯一の現職自民党議員・若狭勝は、10月の東京10区補欠選挙で、彼女が選挙区を譲ることで話がついてるっていわれてたけど、マジだったね(笑)。

C 小池の後釜として立候補した若狭の当選は、間違いナシ。これをきっかけに、来年6月の東京都議会議員選挙に向けて「“小池新党”の結成に動くのでは」って話で持ちきりだよ。

B 若狭氏も、他の議員と同様に、自民党都連から「小池を応援すれば、家族ともども除名」と脅しをかけられていた。でも、彼は、東京地検特捜部時代に都議会の“自民党のドン”と呼ばれる内田茂氏を事情聴取したことがあり、弱みを握っているので強気に出られたって話でしたよね。誰を味方にすべきか、小池氏は分かっていたし、シナリオをうまく作った気がします。

C シナリオ作りの力量では、菅義偉官房長官も負けてないよね。今年に入ってスクープを飛ばしまくってる『週刊文春』の影の立役者は彼だから(笑)。文春の新谷学編集長って、もともと安倍晋三首相の『美しい国へ』の担当編集者で、萩生田光一官房副長官とは早稲田実業サッカー部で先輩後輩の関係。そこから繋がった菅とも、かなり仲良くやってるらしいよ。

B ああ、あれですね、お気に入りの媒体を集めてチョクチョクやってる“菅会”。ただ、文春だけは朝食会に呼ばれているっていう。

A シラフで話すような本気の話は文春にしか渡さないってことか。で、翁長雄志沖縄県知事の「赤い知事」報道も、その成果でしょ? 翁長知事の長女が上海に留学して、中国外交官と結婚した。翁長知事と中国には“親密な関係”があるって話、文春が報じてたもんね。

C 一応、昨年10月の県議会の一般質問で、「娘の一人は県内で勤めており、末娘は埼玉の大学に行っている」と疑惑を否定したけど、イメージは拭い去り切れてない。そんな中で7月、普天間基地の代替訓練地として、鹿児島県・馬毛島を翁長知事が視察したでしょ? でも、この馬毛島への移転について、菅官房長官は即日否定。杉田和博官房副長官に至っては「地権者は反社会組織関係者であり、こういう人物に国が金を払うことに国民の理解は得られない」なんて発言。翁長知事は、ますます政府の反感を買ってしまった。

B 翁長知事も現実問題として、いい加減、妥協せざるをえないことは重々承知しているはず。“振り上げた拳が下ろせない状態”は、まだまだ続きそうですよね。

――さて、先日、岸田文雄外務大臣が次の自民党総裁選挙への立候補に意欲を示す発言をして話題になりましたが、「ポスト安倍」では、誰に注目してますか?

A 安倍さんの次の総理は、8月に新しくなった改造内閣に入らなかった前地方創生担当相の石破茂氏が有力視されてはいる。けど、閣外での活動は、総じてメディア露出が少なくなるから、前回の総裁選時のように、党員票が集まるかは未知数。

B ただ、現状では、対中・対北朝鮮問題が緊張を強めている。次期総裁選では、石破氏は理論的なタカ派のイメージをいかに持続させていくかがカギ。一方、ハト派といわれる岸田氏は、勝ち目はないと思いますよ。

C タカ派っていうと、“総理を狙う女”ともいわれる稲田朋美の防衛大臣就任は、何かと波紋を呼んでるよね。彼女の就任によって、「中国は、日本が本気で戦争を決意したと分析している」と、中国外交筋が緊張を走らせているし。

A それと、“女を武器にする”政治家としても、彼女は注目の的だよ(笑)。稲田さんのトレードマークは、短いスカートに網タイツ。初登庁の際の栄誉礼でも、先輩の小池さんがパンツルックで登場したのに、稲田は膝上のスカート。

B 就任後初めての海外派遣部隊視察アフリカの最前線(ジブチ)でも、膝上の短いスカートでした。ふつう、大統領や国防大臣が海外派遣部隊を視察するなら、フライトジャケットなどのミリタリールックが定番なのに……。男性自衛官からは「目に毒だろ」なんて声が上がってたらしい。

C 稲田は、プライベートでも“女子力の高さ”が噂になってるよ。稲田夫婦は2人とも弁護士で、早稲田大学法学部の同級生。弁護士登録も同じ昭和60年で、一見、学生時代からの恋人同士が苦楽をともにして結婚……なんて美談のように見えるけど、実はこれ、略奪愛なんて話も出てる。

B あの網タイツは、伊達じゃないんですねえ。短いスカートの総理の誕生まで、個人的には頑張ってほしいところです(笑)。ちょっと話は戻りますけど、中国との関係で言うと、習近平国家主席との蜜月が噂される二階俊博氏の幹事長就任も気になりません? 麻生太郎副総理も、今回の内閣改造で一番重要なのは幹事長ポストと言ってたし、自らは岸田氏を推してました。菅氏も同ポストを狙っていたようで、二階氏の就任には皆、苦虫を噛み潰しているのでは。

A 二階さんは「叩かなくてもホコリが出る」と言われるほど、様々なスキャンダルが持ち上がってきた。その太い“裏人脈”がどう影響するか、目が離せない。

C もう一人、相変わらず動向が注目されているのは、橋下徹前大阪市長。「政治家に疲れた」というのは本音みたいで、「当面は政界から遠ざかって、弁護士業とテレビ出演でいく」と周囲にも漏らしている。ただ、官邸は、「憲法改正を見据えて橋下を再登板させたい」という考えを諦めていない。

B 憲法改正となれば、まずは国会での議論、次に国民投票ですからね。理路整然と“立て板に水”で論を張る橋下氏の力は、必須と考えている人は多いんですよ。橋下氏自身も、安倍政権と政治信条が近く、かねてから憲法改正を持論としてますから。要請を受け入れる可能性も低くないんじゃ?

――自民党が政策実現に向けて動きを見せる中、民進党は代表選がありました。しかし、非常に地味で……。

C 代表選が無選挙になる、なんて声も一時はあったけど、結局、党関係者たちの「ただでさえメディア露出が少ない民進党。内容はさておき、メディアに露出するためにも代表選は必要」との声が大きかったらしい。

A じゃあ、代表選に立候補した蓮舫代表代行の「二重国籍」が話題になって、メディア露出を増やすのには成功したわけだ(笑)。31年前に台湾籍を放棄する書類を提出したと言いつつ、今月13日には父親の出身地である台湾籍が残っていたことを認め、謝罪。あくまで自分は「日本人だ」と主張し続けてはいるものの、説明が二転三転したことにも、不信感を覚えた人は多いはず。この不信感を払拭するのは並大抵のことじゃないだろうね。

B 安全保障上も問題があるんですよ。ほぼ“二大政党制”の日本で、野党第1党の党首は、「自衛隊の最高指揮官」になりうる。蓮舫氏の父・謝哲信は、台湾のバナナ貿易商で、父の親戚には陳水扁政権時の外相・陳唐山がいる。また、蓮舫氏自身は、北京大学に2年間語学留学をしていました。

C それだけ中国と密接な人が、将来、総理になる可能性を問題視されるのは至極、当然。対立国にルーツを持つ人物が首相に就くなんて例、聞かないし……。

A じゃあ、前原誠司氏かというと、こっちはまた別の黒い噂が絶えないからね。

C 検察は、去年話題になった羽田空港の「格納庫用地汚職事件」で逮捕された航空関連会社の金澤星元社長と前原との癒着を疑っている。思い返せば、2011年に外務大臣を辞任したのも、在日韓国人からの政治献金問題だったし。

B もう一人、立候補するとみられていた細野豪志氏は出馬を見送りました。まあ、彼は彼で、女性へのアプローチが強烈だと、いまだに党女性職員の中で指摘されています(苦笑)。

A そう考えると、最も知名度の低い玉木雄一郎氏が結局、一番まともなのかな。

C 推薦人擁立にも苦労していたくらいだから、2人の敵にはならなかったけど。

B 彼は、多くのジャーナリストとつながっていて、情報通。国会質問では、その情報源を頼りに、ビシビシ攻めては存在感をアピールしてきました。

A でも、悪目立ちしないで、ここまで堅実にのぼってきた。これからに、期待したいね。

 政治記者たちの取材の日々は、今日も続く!

関連記事(外部サイト)