豊洲の地下水調査結果に築地関係者「移転消えた」進むも地獄、退くも地獄のドロ沼に

記事まとめ

  • 豊洲新市場の地下水調査の結果、72か所で基準を超える有害物質が検出された
  • 築地関係者は「移転は消えた」といい、小池百合子都知事「想定を超えている」と語った
  • 都は日503万円の維持管理費を払い続け、移転中止だと約6000億円が消えたことになる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております