拳銃立てこもり86歳だけじゃない!80オーバー「暴走老人」激増の怪

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 86歳の男性が埼玉県蕨市の郵便局で人質立てこもり事件を起こした。
  • 鈴木容疑者は過去に同居者と大喧嘩を起こすなど、地域からは粗暴な一面も目撃されていた。
  • 島田市では80歳の男性が国税局職員への暴行で逮捕され、高齢者による犯罪が増加している傾向にある。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

拳銃立てこもり86歳だけじゃない!80オーバー「暴走老人」激増の怪

写真はイメージです

 10月31日、埼玉県蕨市の郵便局で起きた人質立てこもり事件。白昼堂々、拳銃を所持しての犯行に世間は震撼したが、それ以上の驚きを持って迎えられたのが、犯人の年齢ではないか。

「逮捕された鈴木常雄容疑者は、なんと86歳。犯行動機については“受付窓口の対応に不満を持っていた”“郵便局の配達用のバイクと事故になり、その対応に不満があった”などと供述しているそうです」(全国紙社会部記者)

 鈴木容疑者の素性についてだが、「埼玉県JR戸田駅付近にある築50年以上の木造アパートに20年ほど暮らしており、自宅は犯行前に放火したと本人が供述しています。

 過去には10歳以上年下の女性と同居していたようですが、いさかいが絶えず、大喧嘩の末に、窓からテレビを投げ捨てたこともあったとか。病院の窓口で大声でキレるなど、地元では粗暴な一面も目撃されていたようです」(前同)

■静岡県でも逮捕者

 だが、恐ろしいことに、こうした“暴走老人”が全国的に増加しているという。

「埼玉の立てこもり事件の同日、静岡県島田市では、税金徴収のために自宅を訪れた国税局職員に暴行を加えたとして、80歳の男が逮捕されています」(同)

■史上最高齢の受け子

 犯人が“80歳オーバー”の事件はまだまだある。

「今年2月、大阪府内の高齢女性らから現金計380万円を騙し取ったとして逮捕されたのは、栃木県に住む84歳の男。ギャンブルで借金があり、闇バイトに応募したそうで、“史上最高齢の受け子”として話題になりました」(夕刊紙記者)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?