【文部科学省の天下り斡旋】エリート官僚は退職繰り返し生涯8〜10億円の稼ぎも

記事まとめ

  • 文部科学省が、退職した官僚に早稲田大学教授の座を斡旋していたことが発覚した
  • 中心人物の嶋貫和男氏は「人助けという思いで行ってきた」と答弁
  • エリート官僚の退職金は局長級で6000万円、次官級で8000万円弱が相場だそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております