菅官房長官VS二階幹事長「自民権力闘争」の行方

菅義偉官房長官と二階俊博幹事長の不和が自民党全体を巻き込んだ権力闘争に発展か

記事まとめ

  • 安倍晋三内閣で菅義偉官房長官と二階俊博幹事長の不和が新たな問題になっているという
  • 菅長官は幹事長の座を狙っていたらしく、自分と真逆の二階氏が就任し不満だったらしい
  • 菅長官は二階氏や二階派議員の身辺を洗い、勢力を削いでいく戦略を立てているという

菅官房長官VS二階幹事長「自民権力闘争」の行方

菅官房長官VS二階幹事長「自民権力闘争」の行方

記事画像

 森友に加計、共謀罪などの問題に悩まされながら、長期政権を維持する安倍内閣。だが、ここへきて新たな問題が浮上している。「長期政権の立役者である2人、菅義偉官房長官と二階俊博幹事長の不和が、党全体を巻き込んだ権力闘争に発展しつつあるんです」(全国紙政治部記者)

 菅氏といえば、在任期間が歴代最長となる1500日超、安倍首相を縁の下で支える名女房役。派閥にも属さず“首相の影”として寄り添う忠義者だ。その菅氏と火花を散らす二階氏は、“プチ田中角栄”とも称されるゴリゴリの党人派だ。「離党や派閥の消滅を経ても、不死鳥のごとく何度も復活。今や40人を擁する中堅派閥のボスとして、党内に絶大な影響力を持つ選挙のキーマンです」(前同)

 水と油のごとく、タイプが完全に違う2人だが、なぜ対立が始まったのか? 「発端は、昨年の党人事で二階氏が幹事長になったことにあるんです。実は菅氏も、この人事で幹事長ポストを狙っていた。68歳で、総理総裁の座こそ狙っていないとしても、このまま“名官房長官”で終わるのは物足りない。幹事長として党内に影響力を行使し、“キングメーカー”を担いたいという野心が芽生えていたようです」(民放局官邸担当記者)

 よりによって、そこに自分と真逆の二階氏が滑り込んできては面白くない。「しかも、二階氏は幹事長就任後、瞬く間に党内を牛耳り始めました。首相の意向を微妙に匂わせて解散・総選挙をちらつかせながら党内を締めつけ、野党との太いパイプも駆使して巧みに存在感を高めていく。長期政権の“弛み”で起きた閣僚の失言や不祥事の対処に自分が追われる中、それを横目に肥え太る二階氏が、菅氏には許せなかったのでしょう」(前同)

 さらに菅氏を激怒させたのは、昨年12月の日露首脳会談について“国民の大半がガッカリした”と、首相や自分の努力に水を差すような発言をしたことだ。「そうまで言われても、首相はその力量を無視できない。二階派所属で先日、大臣をクビになった今村前復興大臣の“東北でよかった発言”の際も、二階派のパーティに駆けつけ、今村氏には冒頭で不快感を示しながらも、“二階派あっての安倍です”と気を遣う有様。“このまま二階をのさばらせてなるものか”と考えた菅氏は、9月の内閣改造で幹事長職に就くべく、再び動き出したんです」(同)

 菅氏の武器は、その強力な情報収集能力にある。「これを駆使して二階氏や二階派議員の身辺を洗い、その勢力を削いでいく戦略です。さらに、強力な人脈を持つ二階氏に対抗するのに“一人では分が悪い”と判断。自ら禁を破って派閥の旗揚げに乗り出す可能性も……」(自民党関係者)

 安倍政権をさらに揺るがしかねない“黒衣の宰相”同士の内ゲバ。はたして、勝者はどっちだ?

関連記事(外部サイト)