安倍政権VS官僚「ドス黒バトルの行方」

安倍政権VS官僚「ドス黒バトルの行方」

記事画像

 赤穂浪士よろしく時の権力者に堂々討ち入った男。スキャンダルの応酬の裏にはドス黒い思惑が交錯する!

 エリート官僚が、安倍政権に反旗を翻した。安倍晋三首相の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設を巡り、1月まで文部科学省事務次官を務めた前川喜平氏が、爆弾発言を繰り返している。「事の発端は、内閣府からの伝達事項を記した、文科省の内部文書。“官邸の最高レベルが言っている”“総理のご意向だと聞いている”といった圧力を感じさせる文言が並んでいました」(全国紙政治部記者)

 民進党がこの文書を入手し、『朝日新聞』が5月17日にこれを報じると、政権を揺るがす一大スキャンダルへと発展した。「菅官房長官は“怪文書”と突っぱね、幕引きを図ろうとしましたが、前川氏が5月25日に会見を開き、内部文書の存在を認めたことで状況は一変。さらに、5月30日には、昨年9月から10月に、和泉洋人首相補佐官と首相官邸で複数回、面会したことを告白。“総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う”などと言われたと証言しました」(前同)

 もともと文科省は獣医学部の新設を認めない方針だったが、官邸はアベノミクスの一環で進める「国家戦略特区」での新設を求め、文科省と協議を進めていた。「官邸は、強固な“岩盤規制”に穴を開けると言っていますが、総理の“お友達”の学園に、便宜を図るようなもの。加計学園には37億円の土地が今治市から無償譲渡され、96億円の補助金が学園にわたる計画です」(野党関係者)

 安倍昭恵夫人が名誉校長に就いていた森友学園に、タダ同然で国有地が払い下げられたのと似た構図だ。「菅義偉官房長官は前川氏の辞任経緯について、“(文科省の天下りあっせん問題で)地位に恋々としがみついていたが、世論の批判にさらされ、最終的に辞任された”と“口撃”。正義感ではなく、政府への逆恨みが告発の動機だと示唆しました」(前出の政治部記者)

 だが、“前川の乱”に至った理由は、それだけではないようだ。政治評論家の有馬晴海氏がこう続ける。「民進党の関係者から聞いた話です。『読売新聞』に、前川氏が新宿歌舞伎町の出会い系バーに通っているという記事が出ると聞き、“こうなったらもう刺し違える覚悟だ”と言って、記者会見に臨んだというんです」

 件の記事とは、5月22日に掲載されたもの。法に触れたならいざ知らず、全国紙が一個人のプライベートを暴くのは極めて異例だ。「前川氏はそもそも、一般紙にその手の記事が掲載されるという話に違和感を覚え、歪んだ力が加わっていると感じたようです」(前出の有馬氏)

 なんともゲスな話だが、「そもそも、それをリークしたのは官邸。まず情報が持ち込まれたのは、週刊誌だといいます。こうした動きが前川氏サイドにも伝わり、すぐに記者会見を設定したそうです」(永田町事情通)

 一方、官邸としては、前川氏が会見を開く前に醜聞を報じさせたかった。「週刊誌では間に合わないため、読売新聞に書かせたという話もあります。万が一の場合、立件の可能性もあります。そうなれば、前川氏の言い分を報道したメディアが後で責められかねない。こうして報道の過熱を防ぐのが狙いでした」(前同)

 5月25日の会見で前川氏は、店に出入りした理由について、女性の貧困についての実地調査と釈明。女性の側からもそれを裏づける証言が週刊誌上でなされ、形勢は互角に。「実は、官邸は前川氏のバー通いを前々から把握しており、杉田和博官房副長官を通じて厳重注意していました」(同)

 前川氏が官庁のトップである事務次官だったとはいえ、霞が関に600人以上いる高級官僚の一人に過ぎない。それなのに、なぜ官邸は、彼のプライベートを知っていたのか――。それには、前川氏の人脈が関係しているという。

「前川氏は冷凍機メーカー・前川製作所の創業者一族出身で、妹は中曽根弘文元文部相の妻。つまり、中曽根康弘元首相と前川氏は姻戚なんです。しかも、このほど亡くなった与謝野馨氏が文科相だったときには、前川氏は秘書官として一時、仕えていました。その与謝野氏はもともと中曽根元首相の秘書から政界入りした人物。前川氏は中曽根元首相を中心に、文教族と呼ばれる族議員と二重三重の人脈でつながっているんです」(同)

 だが一時期、ある問題を巡り、その中曽根ファミリーと官邸が対立したことがあったという。「そのとき、前川氏が華麗なる文教ファミリーの一員であることが分かりました。それで官邸が彼の“コーカク(行確)”、つまり、行動確認を取っているうちにバー通いが発覚したという話です」(前同)

 こうなると、注目されるのが二階俊博自民党幹事長。二階氏が率いる党内派閥の志帥会は、中曽根元首相ゆかりの派閥だからだ。

 だが、さる5月26日の会見で『朝日新聞』の記者が志帥会と前川氏には浅からぬ縁があると問いただすや、二階幹事長は質問をさえぎり、「関係ない!」と声を荒げ、「そんなこと、この場で質問することじゃない。知らない人が聞いたら志帥会と(前川氏が)関係あるみたい(に思われる)。関係は、まったくありません!」と斬って捨てた。

「前川の乱の背景に、政界内の暗闘があるようにいわれていますが、二階幹事長は無関係。むしろ、怪しいのは麻生太郎財務相なんですよ」(自民党関係者)

 というのも、二階幹事長が激怒したのと同じ日、閣議後の会見で麻生氏が「獣医師の質の低下につながる」として、加計学園の獣医学部新設に反対の意向を示したからだ。「日本獣医師会も、加計学園の獣医学部新設に反対していますが、麻生財務相は、獣医師会の記念祝賀会で発起人を務めるほど、極めて親密な関係です」(前同)

 さらに、「麻生氏は安倍首相から禅譲を受け、もう一度、総理に再登板しようという狙いがあったんです。だが、待てど暮らせど、その機会がやってこない。年齢のこともあり、かなり焦っているようです」(同)

 かといって、前川氏と連携して政権を揺さぶろうとしているのかというと、そうでもないという。「そうなったら官邸としては一大事。政権内……それも側近から裏切り者が出ることになります。官邸も、それはないと判断しているようです」(官邸筋)

 そもそも、前川氏が乱を決意した直接の動機は、今年1月に発覚した、文科省の天下りあっせん問題にある。だが、これにも裏事情があるようだ。

「組織的問題だとして、当時、文科省事務次官だった前川氏は、就任半年で引責辞任に追い込まれました。しかし、天下り問題そのものでいうと、文科省は決して本丸ではありません。本丸は経済産業省や財務省の高級官僚。彼らは大企業に天下りし、官僚時代の2倍以上の報酬を得るケースもあるんです」(天下り問題に詳しいコンサルタント)

 それなのに、なぜ文科省だけがヤリ玉にあげられたのか。「前川氏は獣医学部新設問題の他、建設費用が話題となった新国立競技場問題でも官邸と対立。天下り問題も、前川氏を追い落とすための官邸筋のリークという噂もあります」(前出の永田町事情通)

 何しろ、前川氏には“前科”がある。

「小泉(純一郎)政権の時代に、当時、初等中等教育企画課長だった前川氏は、公立小中学校教職員給与の国負担分を引き下げた三位一体改革に、猛烈に反対しました。自身の名前(喜平)をもじった『奇兵隊、前へ!』と題したブログで政府の方針を批判したのみならず、“義務教育費の削減は道理が通らない”“クビと引き換えに義務教育が守れるなら本望”などと、あの小泉首相に喧嘩を売っていたんです」(全国紙政治部記者)

 そんな反骨精神が災いし、安倍政権に潰されてしまったという見方もできるが、これには、官邸と官僚のパワーバランスが激変したことも関係している。政治ジャーナリストの角谷浩一氏が、こう続ける。「行政がゆがめられていると前川氏が官邸を批判する話の底流には、安倍政権が3年前に設置した内閣人事局があります。これによって、全省庁審議官以上の高級官僚人事が、官邸の思惑ですべて決まるようになったんです」

 こうして人事権を握られた官僚は、安倍政権にモノが言えなくなってしまった。「そのことを霞が関全体が憂えていました。前川氏の思いは、官僚たち共通の思いでもあります。今後、第二、第三の反乱が出てくるかもしれません」(前同)

 安倍“1強”政権への不満は永田町のみならず、霞が関にも充満しているというのだ。ただし、一つだけ例外の官庁がある。経済産業省だ。「安倍政権がアベノミクスを実現するには、経産省の協力が不可欠。そこで安倍政権が霞が関から経産省を一本釣りした格好です。そもそも、官邸と前川氏の軋轢が表面化したのは、経産省が進めていた高速増殖炉もんじゅの廃炉に対し、もんじゅの所管である文科省が難色を示していたからだともいわれています」(官僚OB)

 “官邸の最高レベル”や“総理のご意向”と言って文科省に圧力をかけたのも、経産省から出向している内閣府の藤原豊審議官だったと、前川氏は会見で語っている。

「ただし、彼一人でできることではありません。経産省出身の首相政策秘書官である今井尚哉氏が、すべてコントロールしているんでしょう。彼は“影の総理”といわれ、安倍首相の側近中の側近です」(前同)

 一方、霞が関で独り勝ちの経産省に対して、特に不満を抱えているのが財務省だという。「旧大蔵省時代から、“官庁の中の官庁”といわれてきましたからね。経産省への官邸の“偏愛ぶり”に業を煮やしています。特に、安倍首相が消費増税を見送ったことへの怒りは強い。森友学園問題で財務省は防戦一方に努めているように見えますが、実は安倍首相追い落としのために、国有地の払い下げ問題をリークしたのは財務省ではないか、なんて噂もあるんです」(同)

 暴露合戦の様相を呈してきているこのバトルだが、今後、経産省を除く“オール霞が関”が、一致団結して最強内閣へ戦いを挑む事態も考えられるという。「安倍首相との関係が噂される、大学の医学部設置を巡り、加計学園と似たスキャンダルが火を噴く寸前です。また、昭恵夫人が後援会長を務める児童養護施設も、タダ同然で国有地の払い下げを受けています。今後、これらの問題で霞が関から超ド級の内部資料が飛び出す可能性もあるでしょう」(同)

 とどまるところを知らない、国民そっちのけの血みどろバトル。終止符を打つには、安倍首相が説明責任を果たすしかない――。

関連記事(外部サイト)