安倍内閣「官房長官に小泉進次郎」で起死回生!?

内閣改造で小泉進次郎氏を官房長官にする案を画策か 菅義偉氏に賞味期限切れとの声も

記事まとめ

  • 支持率を落とした安倍政権は内閣改造で小泉進次郎氏の官房長官起用を考えているという
  • 一方、菅義偉長官は加計学園問題での失態もあり、賞味期限切れとの声が出ているらしい
  • しかし、小泉進次郎氏には小池百合子都知事と連携して首相の座を狙う道もあるという

安倍内閣「官房長官に小泉進次郎」で起死回生!?

安倍内閣「官房長官に小泉進次郎」で起死回生!?

記事画像

 支持率急落が都議選惨敗という形になって現れた自民党。挽回するには政界スターの手を借りるしかない!?

 自民党の歴史的大惨敗に終わった東京都議選。「大敗の元凶となったのが“戦犯トリオ”。闇献金騒動の下村博文・自民党都連会長、応援演説で“自衛隊としても(自民党公認候補への投票を)お願いしたい”と述べた稲田朋美防衛相、“このハゲー!”と秘書に暴言暴行を浴びせた豊田真由子衆院議員の3人です」(全国紙政治部記者)

 だが、崖っ淵の都議会自民党の候補らを奈落の底に突き落としたのは、安倍晋三首相自身だったという。「こんな人たちに、私たちは負けるわけにはいかないんです」

 都議選最終日の街頭演説で、聴衆の“安倍やめろ”コールに、こう逆ギレした安倍首相。有権者を“こんな人”呼ばわりしたことに、「あの発言で、当落線上にあった自民党公認候補が少なくとも10人は落選した」と、自民党中堅幹部も肩を落とす。「しかも、戦犯トリオ全員が、安倍首相の出身派閥である清和会(細田派)所属。都議選後、安倍首相の求心力低下に歯止めがかかりません」(自民党関係者)

 安倍内閣を支える岸田文雄外相も、講演で安倍政権の看板政策であるアベノミクスの修正に言及。来年秋の総裁選を睨み、造反の動きを見せている。「安倍首相は7月17日から1週間、8月5日から5日間の計12日間夏休みを取る予定です。その間に、党及び改造内閣の人事を詰め、お盆中の8月14日に発表する見通しになってきました」(全国紙政治部のベテラン記者)

 内閣を改造し、人心一新を図るのは政権の常套手段。加計学園問題での政府の不誠実な対応やテロ等準備罪の強行採決で支持率が急落し、都議選前から、民間枠で橋下徹前大阪市長の入閣などが噂されていた。「橋下氏は、次の改造内閣で新設される予定の“人づくり改革担当相”に就くといわれています」(前同)

 都議選の投開票が行われた2日夜、都内のフランス料理店に、政権首脳が一堂に会し、人事案が話し合われたという。集まったのは安倍首相の他、菅義偉官房長官、麻生太郎副総理兼財務相、それに、都市再生機構(UR)への口利き疑惑で大臣を辞職した甘利明前経済財政担当相という面々だ。

「会合では、特に甘利氏の処遇が話題になったといわれています。安倍首相と甘利氏は、いわゆる“お友達”ですからね。しかも、甘利氏は麻生派入りしたばかりのため、麻生氏は甘利氏の党幹事長を強く望んでいます。おそらく甘利氏には、党ないし内閣で、なんらかのポストが割り当てられるはずです」(前出の自民党関係者)

 懲りない面々というのは彼らのこと。甘利氏は不起訴処分になったとはいえ、刑事告発された身の上だ。「したがって、内閣改造では“甘利隠し”の意味からも、国民的な人気者を内閣の目玉に据える必要があるんです」(前同)

 ところが、菅官房長官を通じて橋下氏へ再三にわたって入閣要請を行っているものの、「本人はなかなか首を縦に振ってくれない」(永田町事情通)という。「当初、橋下氏は入閣に前向きという情報もありましたが、都議選での自民党の凋落ぶりを見て、気持ちが変わったのかもしれません」(同)

 そうなると、都議選前から噂される“自民党の切り札”への期待が、ますます高まってくる。「小泉進次郎農政部会長です。農協改革に努め、かつ、こども保険の創設に意欲を燃やす彼が、農林水産相か厚生労働相として初入閣するという噂は早くから囁かれていました。しかし、都議選後、加計学園問題で厳しい目を向ける国民の目を逸らせるためには、別のポストが望ましいという話になってきているんです」(官邸筋)

 それが官房副長官のポスト。萩生田光一衆院議員を更迭し、後任に進次郎氏を起用しようという案だ。本人は否定しているものの、「萩生田氏は加計学園の獣医学部新設で文部科学省に圧力をかけた“実行犯”とされる政治家」(前出の永田町事情通)。

 もともと官邸は、萩生田氏の後任に“細田派内のホープ”と呼ばれる西村康稔総裁特別補佐を充てる意向だったという。しかし、いくらホープといっても知名度では落ちる。そこで“悪代官”のイメージが定着した萩生田氏に代わり、清新なイメージの進次郎氏を起用し、「加計学園問題そのものを終わらせたい」(前同)と考えているようだ。

 政治評論家の角谷浩一氏は、こう話す。「進次郎氏にとっても、官房副長官は将来の総理総裁を目指すうえで帝王学を学べる機会でもあります。副長官は官房長官に代わって記者会見をこなす場合もありますし、首相の外遊にも同行します。官僚とのつきあいも、これまで以上に必要になってきます。その可能性はあると思います」

 そもそも、安倍首相は、進次郎氏の父・小泉純一郎首相時代に、官房副長官として帝王学を学び、実力を蓄えてきた経緯がある。「小泉元首相と安倍首相には原発問題などを巡り、すきま風が吹いているといわれますが、安倍首相は今でも小泉元首相に会うと、“師匠……”と言って敬う姿勢を見せています」(前出の官邸筋)

 とはいえ、支持率を大きく落とした安倍政権で官房副長官になるのはドロ船に乗るようなもの。沈没しても安倍首相と責任をともにしなくてはならない。そこで今、官邸では仰天の起死回生プランが画策されているという。「小泉進次郎を官房長官に、というものです。同じドロ船に乗るのでも、農林水産相や厚生労働相、官房副長官ではインパクトに欠けます。官房長官なら、乗ってみる価値は十分ありますよ」(自民党の若手議員)

 政権のスポークスマンである官房長官は、確かに魅力的なポストだ。その進次郎氏は、都議選の応援演説に駆り出され、加計問題で苦境に立つ安倍首相を弁護するともとれる演説をぶっている。そのことが「進次郎氏も、ようやくポストを意識しだした」(永田町事情通)として、永田町に物議を醸しているというのだ。

 さすがは進次郎氏。まず、応援演説では「この逆風を吹かしているのは誰なのか? 自民党自身ですよ」と素直に自民党の非を認めて聴衆の心をつかみつつ、一方で「(安倍首相が進める)国家戦略特区(獣医学部新設問題も、その一つ)潰しをしてはいけない」と訴えた。また、安倍首相が絶えず口にする「印象操作」を意識してのことか、「日本にもフェイクニュースは蔓延している」と聴衆へ語りかけていた。

 一方、これまで安倍政権を支えてきた菅官房長官は、「長きにわたり、安倍首相の女房役を務め、そろそろ、“賞味期限切れ”」(永田町事情通)だと言われている。「菅さんは、文部科学省の内部文書を怪文書扱いして事態を悪化させ、前川(喜平・前文部科学事務次官)さんを厳しく追及。加計学園の問題では、菅さんらしくない失態が続きました。今や、完全にヒール役。官房長官の更迭は、起こりうると思います」(前出の角谷氏)

 そんな菅官房長官に代わって進次郎氏を大抜擢すれば、会見の雰囲気が大幅に変わり、諸問題の収束にもつながるという思惑があるようだ。安倍政権にとっては、まさに“最終兵器”とも言える進次郎氏の官房長官起用だが、問題は、進次郎氏が要請を受けるかどうか。

「進次郎氏が2020年の東京五輪後に総理のイスを狙って動きだすのは事実。確かに、リスク覚悟でドロ船に乗る可能性はありますが、そこまでしなくても、彼には別ルートで総理への道が待ち受けています」(選挙コンサルタント)

 その一つが、都議選で圧勝した小池百合子東京都知事との連携だ。「小池知事は、進次郎氏にとって“政界の母”。というのも、小泉純一郎元総理が“息子を頼む”と言っていたそうで、公私にわたり、アドバイスしていたといいます」(前同)

 その小池知事が、本人は否定しているものの、次の総選挙で都民ファーストの会改め、“国民ファーストの会”として国政に進出する可能性は大。「国政でも今回のような旋風が巻き起これば大躍進するでしょう。進次郎氏が自民党を飛び出し、国会議員代表として新党の党勢拡大に努めれば、必ずや将来、日本国総理大臣になる日がやって来ます」(同)

 その一方、過去にも安倍首相の入閣要請を断っている進次郎氏に「2度目はない」という声もある。「進次郎氏には横須賀市長選(6月25日投開票)で自民党執行部に恩義があるんです。これまで進次郎氏の地元ながら、横須賀市長選は自民党が2連敗。今回も、タレントの上地雄輔の父(克明氏、元市議)を担いだものの苦戦していました。ところが二階俊博自民党幹事長が公明党とのパイプを生かし、創価学会票を回してくれたおかげで、上地氏が初当選しているんです」(横須賀市議会関係者)

 その二階幹事長も進次郎氏を絶賛。6月20日に『深層NEWS』(BS日テレ)に出演した際、入閣の可能性について「名前ぐらいは浮かんでいる」と認めたうえ、「若いということに似合わず、物事を熟慮できる人。やっぱり元総理の血を引いていますよ。私は、何の役でも何大臣でも務まる人だと思っています」と、大役への抜擢をほのめかした。

 こうした期待を受け、「当初、小池知事への遠慮から、進次郎氏は都議選の応援演説には消極的でしたが、市長選での恩に報いようと街頭に立ちました。ところが、力及ばず自民は大惨敗。彼がその借りを返すには、入閣要請を受けるしかないんです」(前同)

 安倍政権の命運を握る進次郎氏。その決断は――!?

関連記事(外部サイト)