支持率急落の原因!? 安倍首相に「女難の相」

安倍首相には“女難の相”? 稲田朋美氏の辞任は「八の字眉」「おちょぼ口」が原因か

記事まとめ

  • 安倍晋三首相は「眉と口が問題。“女難の相”が出ています」と顔相占い師は語る
  • 安倍昭恵夫人は森友問題で世間を騒がせ、稲田朋美氏は失言や日報隠蔽問題で防衛相辞任
  • 政権奪還後、安倍政権で最初に問題を起こしたのは小渕優子経済産業相と松島みどり法相

支持率急落の原因!? 安倍首相に「女難の相」

支持率急落の原因!? 安倍首相に「女難の相」

記事画像

 相次ぐスキャンダルに、眉は下がり目元と頬には深いシワが刻まれる。すべての元凶はその顔つきにあり!?

 支持率低下が止まらない安倍晋三内閣。『時事通信』調査の29.9%に続き、『毎日新聞』調べでは26%と、危険水域に突入した。支持率回復を狙い、国会の閉会中審査で「丁寧に説明する」と言ったものの、「加計学園の獣医学部新設計画を、いつ知ったのかという問題では、安倍首相自身の“虚偽答弁疑惑”まで飛び出す始末で……」(全国紙ベテラン政治部記者)

 今や、何をやっても裏目――。首相の表情もどこかさえないが、「眉と口が問題。“女難の相”が出ていますね」と言うのは、顔相占いでおなじみの小野十傳氏。確かに、加計学園問題が騒がれ出したのは、昭恵夫人が関わっていたとされる森友学園問題が発端。加えて、相次ぐ失言や日報隠ぺい問題で辞任することになった稲田朋美防衛相など、安倍政権のスキャンダルはオンナ絡みのものばかり。

「安倍首相は八の字眉。眉の両端が垂れて八の字型になっているのは女難の相の特徴です。それから、安倍首相のようなおちょぼ口の男性は大物になれないといわれますが、女性に支えられることによって伸びるタイプ。ただし、女性の選び方を間違うと、とんでもないことになります」(前同)

 まさに顔相通り。人生のパートナーに昭恵夫人を、政界のパートナーに稲田氏を選んだのが間違いだったのだろうか。政治評論家の有馬晴海氏がこう言う。「第1次安倍政権の反省を踏まえ、自民党が政権奪還後に発足した第2次政権は、慎重に政権運営を行ってきました。ところが、そんな安倍政権で最初に問題を起こしたのが、小渕優子経済産業相(当時)と松島みどり法相(同)という女性閣僚でした」

 関連団体の政治資金収支報告書に嘘の記載をしたとして元秘書が起訴され、2014年10月に小渕氏は大臣を辞任。その直後、選挙区内の祭りで、うちわを配ったことが公職選挙法に触れるとして、松島氏が辞任に追い込まれた。

 閣僚の相次ぐ辞任で、当時も安倍首相の任命責任が問われていたから、首相の女難は2年前から、すでに始まっていたことになる。さらに今年に入ると、その傾向が顕著に。まずは2月に森友学園問題が勃発。

「昭恵さんが夫人付の女性職員・谷査恵子氏に、なんらかの指示を出した結果、森友学園に破格の値段で国有地が払い下げられたという疑惑も、消えたわけではありません。この問題を巡り、弁護士や大学教授らが関係職員らを特別背任などの容疑で大阪地検に告発しているからです。一部の司法関係者の間では、昭恵さんも、この問題で大阪地検に聴取されるのではないかといわれているんです」(司法クラブ担当記者)

 また官邸は現在、昭恵夫人と、ある女性との交際に警戒感を強めているという。「映像プロデューサーの龍村ゆかり氏です。森友問題で昭恵夫人が世間を騒がせ、傷心の日々を送っていた頃、彼女にいろいろと相談に乗ってもらっていたようです」(事情通)

 実は、この龍村氏、官邸から“要注意人物”としてマークされているのだ。「安倍首相や“ゴッドマザー(首相の母・洋子さん)”も、龍村氏と縁を切るように説得したそうですが、昭恵さん本人は、どうしても聞き入れないそうです」(同)

 首相の私生活の相方がこのアッキーで、政界のパートナーは、野党から集中砲火を浴び、辞任した稲田朋美前防衛相だ。「首相は“ともちん”と呼ぶ寵愛ぶりですが、彼女も支持率低下の戦犯の一人。先の都議選では応援演説で“自衛隊としても(自民党候補への投票を)お願いしたい”と発言し、自民党を歴史的惨敗に導きました」(前出の政治部記者)

 さらに、南スーダンに派遣されていた陸上自衛隊の“日報問題”では、稲田前防衛相自身が隠蔽に関与していた可能性も浮上。それでも安倍首相がかばい続けたことに、民進党の蓮舫代表は国会の閉会中審査で「暴言は吐いたけれど、違法行為はしていない今村雅弘前復興相はさっさと辞めさせて、なぜ、なぜ、稲田大臣を総理はそんなに大切に守るのか」と追及した。

「国民全員が疑問に思っていたんじゃないの。蓮舫サンの質問には党内でもうなずく者が多かったよ」(自民党関係者)

 網タイツ姿とポカン顔。どうやら、そのアンバランスさがたまらないらしい。「永田町には稲田氏の熱狂的なファンが多くてね。“彼女に会いたくて勉強会に参加している”なんて言う人もいるくらい」(前同)

 それが更迭しなかった理由とは思えないが、あるテレビ関係者がこう囁く。「女性コメンテーターの中には、総理と稲田前大臣が“深い仲”にあるから、安倍さんがあそこまで彼女をかばうんだと真面目に思っている人が何人もいます」

 女難の相と聞いて、まず浮かぶのが不倫や愛人問題でのスキャンダル。安倍首相と稲田前大臣もまさか――。「もちろん、それはないと思います。更迭していたら、女性初の総理候補といわれる彼女の経歴に傷がついた。安倍さんと稲田前大臣は思想や考え方が同じ。だから、総理もそこを気にしていたんでしょう。そもそも、安倍さんの“お友達”と呼ばれる人たちは思想的に共通していて、だからこそ岩盤のように固い絆で結ばれているんですよ」(前出の有馬氏)

 05年に稲田氏は、自民党若手議員の勉強会に講師として招かれ、「そのとき安倍さんは稲田さんに一目惚れしたといいます。もちろん、女性としてではなく、彼女の弁舌に、です」(自民党細田派関係者) その直後の郵政解散で、安倍首相が稲田氏を刺客候補に擁立。以来、“寵愛”が続いている。

 また、安倍政権を支える菅義偉官房長官の“悪相”を際立たせたのも女性だった。「これまで官邸記者会見は、菅官房長官ペースで進められていましたが、東京新聞の望月衣塑子記者が現れたことで一変。菅官房長官に執拗に食い下がり、安倍政権のマスコミ支配に風穴を明けたといわれています」(ネットニュース記者)

 そうした状況に加えて、安倍一強内閣の潮目を決定的に変えたのが東京都議選。「トドメを刺したのは豊田真由子衆院議員。“このハゲーーッ”“死ねば? 生きてる価値ないだろ”といった秘書への暴言が、都議選直前の大事な時期に連日、テレビで取り上げられましたからね」(前同)

 その都議選で自民党に代わり、第1党に躍り出たのが、都民ファーストの会を率いていた小池百合子東京都知事。これまた女性だ。「都議選の敗北以来、安倍政権の支持率下落に歯止めがきかなくなってきたことを考えると、今から思い返しても、豊田議員の暴言は政権運営に大きな影を落としたと言えます」(官邸筋)

 女難続きの安倍政権。前出の小野氏は最近、そんな安倍首相の顔に変化が表れてきているという。「近頃の安倍首相のお顔を拝見していると、眉尻が乱れています。以前にはなかった顔相です。水難の相とされていますが、水難の中には酒や色事、女性問題も含まれているんです。つまり、女難のリスクがますます高まっているわけです」

 事実はまさに、顔相通り。ここにきて、“自民党の看板娘”の一大スキャンダルまで炸裂した。「7月27日発売の『週刊新潮』が、元SPEEDの今井絵理子参院議員の不倫をスクープしました。相手は妻と2人の子を持つ3歳上の橋本健神戸市議。新幹線車内で手をつなぎながら眠る決定的な写真とともに、大阪のシティホテルでのお泊まりや、都内別宅での密会の様子を報じました」(夕刊紙記者)

 これが致命的なのは、政治素人の今井氏が支持された理由が、聴覚障害の息子を女手一つで育て上げたシングルマザーである点であること。昨年7月の参院選で、子育て中の女性から支持を集め、32万票を獲得して大勝利を収めたのだ。

 だが、「地方での政務では、当日の移動でも間に合うのに、橋本市議と密会するためにわざわざ前泊。都内でも、永田町近くに借りた別宅で橋本市議との逢瀬を重ね、子どものことは国分寺市の自宅で暮らす母親に任せきりのようです。子どもよりも男を優先させるとは、票を投じた有権者への裏切り行為。これでは、自民党への逆風は強まるばかりです」(前同)

 まさに安倍政権に引導を渡すのはオンナたち。「ここまでスキャンダルが続くと、挽回できそうにありません」(前出の官邸筋)

 万策尽きた感のある安倍首相だが、小野氏はこう助言する。「雌雄眼といって、安倍首相の右目は左目より細く、左右で形が違っています。その特徴を際立たせれば、悪いところを補ってくれます。たとえば、話すときに左目だけを大きく見開くように心がけるとか。もちろん、それで女難の相が消えるわけではないですが、そうすることで別の課題、たとえば対北朝鮮問題や対中国問題で成果が出て、現在の困難な状況を打開できるかもしれません」

 だが、ここにきて、“敵”からも女難が……。「7月27日夕方、民進党の蓮舫代表が辞任の意向を表明したんです。二重国籍問題など批判が多かった蓮舫氏。彼女の辞任で、民進党の支持率が今後、上昇していく可能性はありますね」(夕刊紙記者)

 もはや、オンナから逃れる道はナシ!?

関連記事(外部サイト)