新型コロナ禍の戦犯!日本の政治家“絶対アカン奴ら”番付

新型コロナ禍の戦犯!日本の政治家“絶対アカン奴ら”番付

日刊大衆

 とどまるところを知らない新型コロナ禍。日本政府の対応はあまりにも遅く、海外からマヌケ呼ばわりされることも。

 そこで今回は、被害を拡大させた「絶対アカン奴ら」を番付形式で発表しよう。

 東の横綱は、間違いなく安倍晋三首相。世界中がコロナ対応に追われていた3月に入っても、“東京五輪開催”に固執して何の手立てもしなかった結果、被害は甚大に。政治評論家の有馬晴海氏が解説する。

「延期が決まったとたん、翌日から感染者が増大しました。つまり3月15日まで、コロナ感染者をひた隠しにしていたということですね。というのも、IOCを騙して、五輪開催を確定させたかった。国の総理なのに、これでは詐欺師まがいといわれても致し方ないですよね」

 これまで内閣の危機を文書改竄や隠蔽で乗り切ってきただけに、今回もいけるとでも思ったのか。

 対する西の横綱は麻生太郎副総理で決まりだろう。

「本来、国民への自粛に補償はセット。それを理解できていないんでしょうか。国民への一律給付にも“欲しい奴は手を上げろ”などと、最後まで抗っていましたね」(全国紙政治部記者)

 前出の有馬氏は麻生副総理について、こう推測する。「金持ちゆえに、今までどんなことでも自分の思い通りになっていたんです。だからいつもひと言イチャモンをつけたいんでしょう」

 その結果が、給付時期と防疫の遅れにつながっているのだから、なんともはや。

 この両横綱に次ぐ大関は、加藤勝信厚労相だろう。WHOが発表したコロナに対する基本戦略の「検査、隔離、追跡」を、“医療崩壊が起きる”からと実行せず。

「PCR検査もすぐにやればいいのに、やると数字が出てしまうからできない。指定病院を決めてコロナ患者を集めればいいのに、それもできず、患者が町医者に集まり、医療崩壊につながりました」(前同)

 その他の注目のアカン奴らには、首相秘書官の佐伯耕三氏の名が。国民が現金給付による補償を求めている中で、突如発表した、あの“アベノマスク”の発案者だともいわれる。

 この続きは現在発売中の『週刊大衆』5月11・18日号で。

関連記事(外部サイト)