安倍総理“電撃退陣”で判明!「日本をダメにした政治家たち」

安倍総理“電撃退陣”で判明!「日本をダメにした政治家たち」

安倍晋三首相

 世論を無視した総裁選レースが進行中だ。

「9月14日に投開票される自民党総裁選は、党員投票なしにすることが1日の党総務会で決まりました。2時間足らずであっさり決まった裏には、党内の主な派閥が、こぞって菅義偉官房長官(71)を支持したことがあります。党員投票がなければ、岸田文雄自民党政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)を破り、菅氏が次の総裁に選ばれるのは確実ですからね」(自民党関係者)

 ポスト安倍の舞台裏を、永田町関係者はこう語る。

「党員投票になると、地方人気の高い石破氏の得票数が増えます。石破氏は安倍政権に批判的ですから、現政権の疑惑解明に検察を介入させる恐れもある。疑惑を封じ、次の政権へスムーズに移行させたい党幹部の思惑とズレるんです」

 安倍晋三首相の女房役を務め上げた菅氏なら、政権継続を印象づけるにふさわしい人物というわけだ。

「二階俊博自民党幹事長(81)が描いたとされる絵に、各派閥の領袖たちが乗り、党内では一気に菅総裁(首相)誕生の流れになりました」(前同)

 そもそも8月28日、安倍首相が突然の退陣を表明したのは持病の潰瘍性大腸炎が悪化したためというのが表向きの理由だが、その裏には“本当の理由”が隠されているという。

「コロナ対策の心労よりも公職選挙法違反(買収)で逮捕・起訴された河井克行前法相(57)と河井案里参院議員(46)が原因でしょう。自民党は参院選に出馬した案里氏の選挙費用として1億5000万円もの選挙資金を提供しました。夫妻は、その巨額資金の一部を買収に回したわけです。問題は、あまりに巨額なその金額。そこで官邸に、その金の一部が還流したのではないかという疑惑が噂されているんです」(全国紙政治部ベテラン記者)

 続けて、政界事情通が『週刊大衆』に、こう囁く。

「河井夫妻は買収事件における官邸の関与を自白。検察との間で、官邸から逮捕者は出さないと手打ちはしたが、公判では河井案里議員が官邸の関与をほのめかす証言をする方針が決まったと噂です。こうした一連の情報を、賭け麻雀で辞任した黒川弘務元検事長が、“最後の置き土産”として、官邸を牛耳る今井尚哉首相補佐官に報告したとも。それを聞いた安倍首相は真っ青になったというんです」

 この話が本当なら、安倍首相はもとより、一蓮托生の面々にとっても一大事。

「首相在任中にこの爆弾がさく裂したら、政権を支える連中も吹っ飛びかねません。汚職で総理の座を追われるより、病気で幕引きしたほうが、安倍一強の影響力を次政権にも行使できると読んだはずです」(前同)

 そんな小手先の疑惑封じにだまされないためにも、安倍政権で甘い汁を吸ったセンセイたちの悪行を確認する必要がありそうだ。

関連記事(外部サイト)