「“カン内閣”とあえて呼ぶ」反菅・麻生太郎副総理の自民党“伏魔殿”バトル

「“カン内閣”とあえて呼ぶ」反菅・麻生太郎副総理の自民党“伏魔殿”バトル

画像はイメージです

 政権発足からわずか1か月、菅義偉内閣の支持率が急落している。

「NHKが発表した10月の内閣支持率は先月から7ポイント低下して55%、逆に不支持率は7%アップして20%です。日本学術会議の任命問題が影響しているのは、間違いありません」(全国紙政治部記者)

 日本の科学者の意見をまとめ、国内外に発信する代表機関である日本学術会議。菅首相は新会員候補6人の任命を拒否したが、その理由についていまだ明確な説明がなされていない。この裏事情について、政治評論家の鈴木哲夫氏はこう語る。

「そもそもこの問題に火をつけたのは(共産党系の)赤旗新聞で、朝日、読売など中央紙は、当初は特段、問題視していませんでした。ゆえに菅首相は、この程度のことでは政権に影響なしと思っている節があります」

 学術会議側から推薦者リストを官邸に提出されたのは、8月31日のことだ。

「その段階では、まだ次期首相が決まっていなかった。任命拒否については菅首相ではなく、安倍晋三前首相が判断したのではという見方もあります」(前出の政治部記者)

 その安倍前首相の威光だが、自民党内で急速に弱まっているという。

関連記事(外部サイト)