衝撃!「日本が貧乏になったワケ」2019年の平均年収は韓国以下に…

19年の日本の平均賃金はG7最下位で韓国以下に 20年ほど前にはG7でトップの平均賃金

記事まとめ

  • 19年の日本の平均賃金は年収ベースで38617ドルで、OECD加盟国35カ国中24位となる
  • 65836ドルの米国の約6割で、42285ドルの韓国にも抜かれてしまっている
  • 20年ほど前はG7トップの平均賃金だったが、日本経済が急速に転落して落ち込んだという

衝撃!「日本が貧乏になったワケ」2019年の平均年収は韓国以下に…

衝撃!「日本が貧乏になったワケ」2019年の平均年収は韓国以下に…

画像はイメージです

 今年2月15日、日経平均株価が一時3万円を突破したことが話題になった。バブル期以来、30年ぶりのことだ。

 だが、株価が上がっても、生活が楽になったという実感を持つ読者は少ないのではないだろうか。それを裏づけるようなデータがある。「OECD(経済協力開発機構)によると、2019年の日本の平均賃金は年収ベースで3万8617ドル。これは、加盟国35か国中24位で、G7(主要先進国)では最下位です。米国(6万5836ドル)の約6割で、驚くべきことに、お隣の韓国(4万2285ドル)にも抜かれてしまったんです」(経済誌記者)

 この事実に、日本最大のコリアンタウンである東京・新大久保で働く韓国人たちも驚きを隠さない。

「来日して30年近くたちますが、まさか韓国と日本の年収が逆転するとは……。感覚的には物価は日本のほうが高いと思うけど」(40代のK −POP店店長)

「日本は好きだけど、韓国より稼げるから、こっちにいる。ただ、文在寅大統領が就任以来、強力に進める最低賃金引き上げ政策は、プラスに働いているはず」(30代の焼肉店店員)

 GDP(国内総生産)は米国と中国に次ぐ世界3位で、長らく“経済大国”を自任していた我が国に何が起きているのか。

 経済アナリストの森永卓郎氏は、こう語る。

「20年ほど前、日本の平均賃金はG7でトップでした。ここまで落ち込んだのは、日本経済が急速に転落していったからです」

関連記事(外部サイト)