飼い犬にかまれたか、道路脇で倒れた男性を発見…意識不明の重体

 4日午前7時55分頃、鹿児島県薩摩川内市百次町の農道の脇に、近くの無職男性(54)が右腕から血を流し、うつぶせで倒れているのを通行人の男性が見つけた。無職男性は病院に搬送されたが、意識不明の重体。県警薩摩川内署は飼い犬にかまれたとみて調べている。

 同署によると、男性は同日午前7時半頃、雑種の飼い犬(体高50センチ)と散歩に出かけていた。発見時、右前腕付近と左耳には、かまれた傷があった。

 犬は行方が分からなくなっていたが、約1時間半後に現場近くで男性の妻が捕まえた。犬は4年前に保健所から譲り受けたという。

関連記事(外部サイト)