国内で新たに2656人感染…大阪府で過去最多719人、「医療非常事態」宣言へ

大阪あす医療非常事態宣言へ

 国内の新型コロナウイルス感染者は6日、45都道府県と空港検疫で新たに計2656人確認された。全国の死者は28人、重症者は451人だった。

 大阪府では過去最多となる719人の感染が判明した。重症病床(224床)の使用率は1週間余りで2倍以上に急上昇しており、府は医療提供体制が逼迫(ひっぱく)した状況にあるとして、7日に対策本部会議を開き、「医療非常事態」を宣言する方針。

 兵庫県でも、緊急事態宣言が解除された3月1日以降で最多となる276人の新規感染が確認された。政府の「まん延防止等重点措置」の適用地域での感染拡大が目立っている。

 東京都の新規感染者は399人。1日当たりの感染者数が前週の同じ曜日を上回るのは6日連続となる。宮城県は新規感染者が3日ぶりに100人を上回り、103人となった。

関連記事(外部サイト)