六本木駅のマスク未着用率、午後11時台と始発時間帯に上昇

マスク未着用率 早朝上昇も

 8日に開かれた東京都新型コロナウイルスのモニタリング(監視)会議では、繁華街の駅構内で深夜と早朝にマスクを着用しない人の割合が上昇したとする都医学総合研究所の調査結果が報告された。

 同研究所は3月18〜29日の12日間、港区の六本木駅構内で、カメラ映像をもとにマスク着用の有無を検知できるシステムを使い、駅利用者約3万5000人の着用率を調べた。

 調査結果によると、午前8時台のマスクの未着用率はわずか1・7%だったが、夕方以降にマスクをつけない人が増加。午後8時台には6・7%となり、同11時台には11・3%にまで上昇した。一方、始発時間帯の午前5時台にも14%程度に達したという。同研究所の西田淳志・社会健康医学研究センター長は「着用率が低下する時間帯や場所で、重点的な予防対策を講じていくことも必要ではないか」と指摘している。

 一方、会議では、専門家から「今後爆発的に感染が拡大し、第3波を超えるような経過をたどることが危惧される」などと強い懸念が相次いで示された。都が独自に4段階で評価している都内の感染状況と医療提供体制の警戒レベルについては、いずれも最も深刻なレベルが維持された。

関連記事(外部サイト)