「恋人と別れ自暴自棄に」新橋駅から線路に下りた男確保…山手線・京浜東北線全線が一時ストップ

 9日午前8時10分頃、東京都港区新橋のJR新橋駅の駅員から「線路上を歩いている人がいる」と110番があった。駆けつけた警視庁愛宕署員らが、新橋―浜松町駅間の線路上で30歳代の男を発見し、確保。鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑で事情を聞いている。

 JR東日本によると、山手、京浜東北両線の全線と、東海道線の一部で一時運転を見合わせ、通勤客ら約8万人の足に影響が出た。

 男は同署の任意の調べに、「恋人と別れて酒を飲んで嫌気が差し、自暴自棄になった。新橋駅ホームから線路に下りた」と話しているという。

関連記事(外部サイト)