「何かにぶつかったのはわかった」歩道を自転車で走行中の小学男児はねて逃走

「何かにぶつかったのはわかった」歩道を自転車で走行中の小学男児はねて逃走

熊本県警察本部

 熊本県警熊本北合志署は17日、熊本市北区鶴羽田1、無職の男(28)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

 発表では、16日午後4時35分頃、同区鶴羽田1で、コンビニ店の駐車場から乗用車で国道387号に左折して出る際、歩道を自転車で走行中だった同区の小学生男児(10)をはね、肘や膝に打撲などを負わせ、そのまま逃走した疑い。「何かにぶつかったのはわかった。自転車とは思わなかった」と供述しているという。

関連記事(外部サイト)