警官の胸刺し拳銃奪った男「正直よくわからない」…弁護側は無罪主張

警官の胸刺し拳銃奪った男「正直よくわからない」…弁護側は無罪主張

大阪地方裁判所

 大阪府吹田市で2019年、交番勤務中の警察官が刺されて拳銃を奪われた事件で、強盗殺人未遂罪などに問われた無職飯森(いいもり)裕次郎被告(35)の裁判員裁判の初公判が19日、大阪地裁であった。飯森被告は起訴事実について「たぶん僕がやったであろうことはわかるが、正直よくわかりません」と述べた。弁護側は「統合失調症で、刑事責任能力がなかった可能性がある」とし、無罪を主張した。

 起訴状では、飯森被告は19年6月16日朝、吹田署千里山交番の駐車場で、古瀬(こせ)鈴之佑(すずのすけ)巡査長(28)の胸を包丁で何回も刺し、実弾入りの拳銃を奪ったとされる。

 飯森被告は翌朝、大阪府箕面市の山中で拳銃を所持しているのを府警の捜査員に見つかり、逮捕された。

関連記事(外部サイト)