熱海土石流の死者18人、行方不明者10人に

熱海土石流の死者18人、行方不明者10人に

被災した建物の周辺で行方不明者の捜索を行う消防隊員ら(19日午前、熱海市伊豆山で)

 静岡県熱海市伊豆山(いずさん)の土石流災害で、市は19日、前日に発見された遺体について、小川徹さん(71)、松本孝広さんと判明したと発表した。松本さんについては「遺族の意向」として、市が年齢を公表しなかった。死者は18人、行方不明者は10人となった。

 松本さんと中学時代の同級生の男性(65)は「早く見つかってくれと思っていたので、少しホッとした」と話した。

 松本さんとは町内会の役員として一緒に活動しており、「明るくて裏表のない人。役員会議ではムードメーカーだった」と振り返った。3月頃に役員で集まったのが最後といい、男性は「もっと話しておけばよかった」と悔やんだ。

 また、小川徹さんの友人(71)は「本当に残念だが、見つかって良かった。もう一度一緒に酒を飲みたかった」と話した。

関連記事(外部サイト)