やまゆり園事件から5年、犠牲者19人の追悼式…慰霊碑に7人の名前

 相模原市緑区の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件から5年となるのを前に、再建された園舎で20日、追悼式が行われ、新たに設置された鎮魂モニュメント(慰霊碑)が公開された。関係者らは慰霊碑前の献花台に花を供え、犠牲者19人の冥福(めいふく)を祈り、差別のない社会の実現を誓った。

 新園舎管理棟前の交流広場に設置された慰霊碑は、円形の黒御影石に水を張った水鏡になっており、青空を映す。手前の献花台には、遺族の意向に沿い、これまで名前が明らかにされていなかった6人を含む犠牲者計7人の名前が刻まれ、そのそばに18本のヤマユリの花も彫られている。犠牲者の遺族1人は花の彫刻に同意しなかったという。

関連記事(外部サイト)