「レクサス高輪」で565台車検不正、ライトの明るさなど書き換え

「レクサス高輪」で565台車検不正、ライトの明るさなど書き換え

レクサス高輪 565台車検不正

「レクサス高輪」で565台車検不正、ライトの明るさなど書き換え

レクサス

 トヨタ自動車は20日、100%子会社の「トヨタモビリティ東京」(東京都)が直営する販売店「レクサス高輪」(同)で、車検の際に一部検査をしないなどの不正が565台であったと発表した。対象車は無償で再検査を実施する。

 2019年6月から21年3月にかけ、検査台数の約3分の1で不正があった。排ガスの成分やスピードメーターの精度の検査をしていなかった。ヘッドライトの明るさやフロントタイヤの角度の検査では、基準に満たない数値を適合するよう書き換えた。

 今年6月17日、国土交通省の監査で発覚。検査員4人が不正を認めた。

 トヨタモビリティ東京の関島誠一社長は、オンラインの記者会見で謝罪したうえで、「他店に比べ検査台数が多く、人員が追いつかない中、時間内に終わらせることが目的になっていた」と釈明した。

 同席したトヨタの佐藤康彦・国内販売事業本部長も「信頼をなくす案件で、本当におわびしたい」とメーカーとしての責任も強調し、再発防止に取り組む考えを示した。

 トヨタ系列の販売会社では、3月に「ネッツトヨタ愛知」(愛知県)で5158台の車検不正が判明した。

関連記事(外部サイト)