双子の乳児を遺棄、ベトナム人技能実習生に有罪判決…熊本地裁

 熊本県芦北町で昨年11月、自宅で出産した双子の乳児の遺体を遺棄したとして熊本県警に逮捕され、死体遺棄罪に問われたベトナム人技能実習生レー・ティ・トゥイリン被告(22)の判決公判が20日、熊本地裁であった。杉原崇夫裁判官は懲役8月、執行猶予3年(求刑・懲役1年)を言い渡した。

 判決によると、トゥイリン被告は昨年11月15日頃、芦北町の自宅で出産した2人の遺体を段ボール箱に入れ、自室に置き続けて遺棄した。

関連記事(外部サイト)