国内で新たに3758人感染、重症者も増加…東京の1週間平均は1・5倍に急拡大

 国内の新型コロナウイルス感染者は20日、全都道府県と空港検疫で新たに3758人が確認された。重症者は前日から14人増えて406人。死者は20人だった。

 東京都内では1387人の感染が判明した。1週間前から557人増え、1日あたりの感染者は31日連続で前週の同じ曜日を上回った。直近1週間の平均新規感染者は1180人で、前週(790・6人)の1・5倍に急拡大している。感染力が強いとされるインド型(デルタ型など)の感染は、過去最多の317人が確認された。

 沖縄県では154人の感染が確認された。1日あたりの新規感染者が100人を超えるのは6月16日以来。

関連記事(外部サイト)