市バス運転手、ながらスマホで追突事故…「警察の確認待った」と1週間以上発表せず

 名古屋市交通局は20日、市バスの男性運転手(42)が、今月12日の業務中にスマートフォンを操作しながら運転し、追突事故を起こしたと発表した。乗客3人にけがはなかったが、同局は1週間以上も事故を発表していなかった。担当者は「警察の実況見分による事実確認を待った」としている。

 同局によると、事故は12日午後6時45分頃、同市南区弥次ヱ町の県道で発生。信号が青になった際、運転手がスマホを操作しながら前方をよく確認せずにバスを発進させ、前の乗用車に追突したという。

 運転手のスマホは、電源を切った上でかばんなどにしまうルールになっていたが、同局は今後、鍵付きの収納袋に入れるよう改める。

関連記事(外部サイト)