東京などから福岡訪問、空港や駅で無料PCR検査へ…8月末まで「水際対策」

東京などから福岡訪問、空港や駅で無料PCR検査へ…8月末まで「水際対策」

福岡県庁

 福岡県は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の「水際対策」として検討していた福岡空港などでのPCR検査について、28日から8月末まで無料で実施することを決めた。福岡空港でスタートし、8月上旬までに北九州空港やJR博多駅、小倉駅でも始める。

 関係者によると、検査の対象は、緊急事態宣言が発令されている東京都、沖縄県のほか、まん延防止等重点措置が適用されている神奈川県、埼玉県、大阪府などからの来県者。こうした地域を訪れた福岡県民も検査の対象に加え、希望者に実施する。

 各検査場では唾液を使った検査を行う予定で、結果は翌日通知する。受検者を増やすために無料で行う考えで、4か所での受検者は1日計数百人を想定している。

関連記事(外部サイト)