2回目接種から2週間、患者1人陽性…病院「疾患によっては効果弱くなる可能性」

2回目接種から2週間、患者1人陽性…病院「疾患によっては効果弱くなる可能性」

青森県庁

 青森県は20日、新型コロナウイルスの感染者が新たに20人確認されたと発表した。このうち9人は県立中央病院(青森市)の関係者で、クラスター(感染集団)に認定した。県内の累計感染者数は2599人となった。

 新たに判明したのは、青森市と八戸市、五所川原、上十三、三戸地方の保健所管内に居住する10歳未満〜70歳代の男女。

 県病では、30歳代の女性看護師1人と患者6人、感染者の同居人1人、院内に出入りしていた1人の感染が確認された。県病は当面、入院を一部制限する。外来は通常診療を続ける。県は19日までに希望する医療従事者へのワクチン接種をほぼ終えたが、看護師は未接種だった。患者1人は2回目の接種後、効果が表れるとされる2週間が経過していたが陽性となった。県病は「患者の疾患によってはワクチンの効果が弱くなる可能性がある」とする。

 また県は、7月に判明した感染者15人から、感染力が強いとされる「N501Y」変異を持つウイルスが検出されたと発表した。7月判明分のうち、「N501Y」変異ウイルスが検出された感染者の割合は56%となった。

関連記事(外部サイト)