ガラスをバールで破り薬局に侵入、金庫盗む…24歳の市職員を再逮捕

ガラスをバールで破り薬局に侵入、金庫盗む…24歳の市職員を再逮捕

埼玉県警察本部

 薬局から現金の入った金庫を盗んだとして、埼玉県警は20日、東京都板橋区、ふじみ野市職員の男(24)を窃盗などの容疑で再逮捕した。同市や富士見市をはじめとした県内や東京都内では今年3月以降、閉店後の店舗が狙われた窃盗事件が約50件起きており、県警は関連を調べている。

 県警によると、男は6月29日未明、富士見市の薬局のガラスをバールで破って侵入し、現金約56万円が入った金庫を盗んだ疑い。調べに「借金返済のためにやった」と容疑を認めているという。

 7月4日に同市内のクリーニング店のガラスが破られる事件があり、付近を警戒していた警察官が別の会社敷地内に入った男を見つけ、建造物侵入容疑で現行犯逮捕していた。

 ふじみ野市によると、男は環境課の主事補だった。高畑博市長は「市民の皆様の信頼を失墜させてしまい、深くおわび申し上げます。事実確認を行い、厳正に対処いたします」とのコメントを出した。

関連記事(外部サイト)