自衛隊の大規模接種会場、9月25日頃まで開設期間を延長

 自衛隊による新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場の開設期間(8月23日まで)が9月25日頃まで延長される。防衛省が21日、発表した。

 同省によると、7月29日以降の予約はほとんど空いている。7月29日〜8月28日の期間は、東京会場が1日1万人、大阪会場が5000人分の新規接種枠を用意。8月29日以降は2回目の接種で埋まり、新規予約はできない。

 新規予約の受け付けは7月26日午後6時から。予約は接種券を持つ全国の18歳以上を対象とし、専用サイトと電話で受け付ける。

関連記事(外部サイト)