青山通りや国立競技場周辺などで大規模交通規制…五輪開会式

 東京都内では23日、東京五輪の開会式が行われる国立競技場(東京都新宿区)周辺などで、大規模な交通規制が行われる。

 青山通り(国道246号)は23日午後4時から24日午前1時半まで、赤坂見附から南青山三丁目交差点の約2キロ区間で全面車両通行止めとなる。国立競技場の周辺一帯は車両進入禁止エリアとなり、大会関係者と居住者の車以外は通行できない。国会周辺も23日午後4時から午後10時まで通行止め区間が設けられる。

 8月8日の閉会式と、パラリンピックの開会式(8月24日)、閉会式(9月5日)当日も同様の規制が敷かれる。警視庁は迂回(うかい)路の活用を呼びかけている。

関連記事(外部サイト)