五輪・パラチケット購入者のIDなど流出…フィッシングで盗み取られた可能性

五輪・パラチケット購入者のIDなど流出…フィッシングで盗み取られた可能性

警視庁

 東京五輪・パラリンピックのチケット購入者と大会ボランティアのIDやパスワード計10件がインターネット上に流出していたことがわかった。警視庁は偽サイトを使った「フィッシング」などで盗み取られた可能性があるとみている。

 警視庁幹部によると、21日にネット上でID流出に関する書き込みがあり、警視庁が大会組織委員会に照会して10件を確認した。組織委への不正アクセスは確認されていない。組織委は10件の購入者らに注意喚起し、パスワード変更などの措置を取ったという。

関連記事(外部サイト)