【独自】木村花さんツイッターに「きもい」「死ねやくそが」投稿した男性を提訴…母・響子さん

 女子プロレスラーの木村花さん(当時22歳)が昨年5月、SNS上で中傷を受けて自殺した問題で、母親の響子さん(44)が、花さんへの侮辱罪で略式命令を受けた福井県の男性を相手取り、175万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。14日に同地裁で第1回口頭弁論が開かれ、被告側は請求棄却を求める答弁書を提出した。提訴は8月5日付。訴状では、男性は昨年4月、花さんのツイッターに<きもい><死ねやくそが>などと立て続けに投稿し、花さんの人格を否定したと主張している。

関連記事(外部サイト)