ハンマーで女性殴打の長崎大生、佐賀の現場「初めて訪れた」…事件前日には自宅で火災発生

ハンマーで女性殴打の長崎大生、佐賀の現場「初めて訪れた」…事件前日には自宅で火災発生

女性殺害前日に容疑者宅火災

ハンマーで女性殴打の長崎大生、佐賀の現場「初めて訪れた」…事件前日には自宅で火災発生

(写真:読売新聞)

 佐賀県鳥栖市の民家の敷地で高齢女性の頭部を鈍器で殴って殺害したとして、佐賀県警は14日、長崎市中園町の長崎大薬学部4年、山口鴻志(こうし)容疑者(25)を殺人容疑で逮捕した。山口容疑者は県警の調べに「現場付近には初めて訪れた」と供述。逮捕時に持っていたリュックサック内のハンマーが凶器だと話していることもわかった。県警は、女性とは面識がなかったとみて動機を調べている。

 発表によると、山口容疑者は10日午後1時5分頃、鳥栖市酒井東町の民家の敷地で除草作業中の無職大塚千種さん(79)の頭部を、鈍器で複数回殴って殺害した疑い。大塚さんは夫と2人暮らし。民家は隣にある親類宅で、「ぎゃー」という叫び声を聞いた近所の女性が119番通報。大塚さんは頭から血を流した状態で発見され、搬送先で死亡が確認された。

 捜査関係者によると、山口容疑者は9日に長崎市からJRで福岡市まで移動し、ホテルに1泊。10日にタクシーで鳥栖市に移り、その日のうちにJRを使って福岡市に戻ったとしている。その後の足取りについては、「JRで大分に向かった」と話しているという。

 山口容疑者は13日午後0時半頃、大分市の大分中央署を訪れ、「鳥栖市内の民家の庭で、高齢の女性の頭部をハンマーで複数回殴った。死んだかもしれない。とんでもないことをしてしまった」と自首した。「頭部を殴れば殺してしまうかもしれないと思ったが、確定的な殺意はなかった」と容疑を一部否認している。

 一方、事件前日の9日には、山口容疑者が住む長崎市の部屋の一部を焼く火災があり、長崎県警の警察官が駆けつけたが同容疑者は不在で、同県警が行方を捜していたという。

 長崎大の河野茂学長は「誠に遺憾。事態を深刻に受け止め、深くおわびする」とのコメントを出した。

■佐賀県警、事件発生時は公表せず

 佐賀県警は10日時点で事件を変死事案として扱った。県警は当初、大塚さんの傷痕が「転倒をした際にできる程度の外傷」と判断。目撃情報もないことから「ただちに事件化できる状況ではない」として緊急配備などの措置は取らず、公表もしなかった。また、司法解剖を依頼した大学が土日に対応できず13日午後にずれ込み、事件と断定する前に山口容疑者が自首した。自首が成立すれば、刑が減軽されることがある。

 事案を公表しなかったことについては「事件・事故の両面から捜査を行うこととして、遺族のプライバシーを考慮した」と説明した。

関連記事(外部サイト)