特急と衝突の車、駅ホーム線路に…「荷物取ろうとしたら踏切内に」

特急と衝突の車、駅ホーム線路に…「荷物取ろうとしたら踏切内に」

踏切内で特急電車と車が衝突

特急と衝突の車、駅ホーム線路に…「荷物取ろうとしたら踏切内に」

電車と衝突し、阪急岡本駅のホームに入り込んだ車(15日午後10時28分、神戸市東灘区で)

 15日午後9時20分頃、神戸市東灘区の阪急神戸線岡本駅東側の新梅林踏切で、大阪梅田発新開地行き特急電車(8両)が、踏切内に進入した車に衝突した。車は約20メートルはじき飛ばされ、駅ホームの線路上に入り込んだ。車を運転していた50歳代の男性が足をけがして病院に搬送されたが、命に別条はないという。特急の乗客の女性1人も気分不良で病院に運ばれたが軽症。

 兵庫県警東灘署などによると、特急は岡本駅で停車する直前で、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。男性は同署員に対し、「サイドブレーキを引いて後部座席の荷物を取ろうとしたら、踏切内に入ってしまっていた」と話したという。同署が事故の原因を調べている。

関連記事(外部サイト)