京王線刺傷、放火による殺人未遂容疑でも再逮捕へ

京王線刺傷、放火による殺人未遂容疑でも再逮捕へ

服部恭太容疑者

 京王線の車内で17人が重軽傷を負った事件で、警視庁は、乗客男性(72)をナイフで刺したとして殺人未遂容疑で逮捕した住所不定、無職服部恭太容疑者(25)について、別の複数の乗客に対する殺人未遂と現住建造物等放火容疑で22日に再逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、服部容疑者は10月31日午後7時55分頃、東京都調布市を走行中の上り特急電車(10両編成)の5号車で、2リットルのペットボトルに入れたライター用オイルを会社員女性(60)ら複数の乗客にふりかけた上、火をつけたライターを放り投げ、乗客らを殺害しようとした疑いが持たれている。

 ライターの火が乗客らに燃え移ることはなかったが、床などにたれていたオイルに着火。服部容疑者は、さらにオイルが入った550ミリ・リットルのペットボトル2本を火の中に投げ入れ、火勢を強めていた。

 炎は一時、天井付近まで上がり、車内に黒煙が充満したが、床やシートが若干焼けた程度で消し止められた。調べに、服部容疑者は「火の勢いを強め、効率よく大量に殺そうと思った」と供述したという。

 8月に小田急線の車内で男が包丁を振り回した事件と異なり、京王線の車内に防犯カメラはなかった。警視庁は、乗客らがツイッターに投稿した映像を解析したほか、服部容疑者に車内での行動を再現させるなどして状況を裏付けた。

 服部容疑者は事件当日、3号車で会社員男性の胸をナイフで刺した後、5号車に移動して放火。緊急停車した国領駅(調布市)で、駆けつけた警察官に現行犯逮捕された。胸を刺された男性は一時、意識不明の重体だったが、その後、意識を回復したという。

関連記事(外部サイト)