夫運転の車がコンクリート塀に衝突、助手席の妻が死亡

夫運転の車がコンクリート塀に衝突、助手席の妻が死亡

山形県警

 21日午後5時5分頃、山形県最上町志茂の国道47号で、宮城県大衡村奥田、農業残間富雄さん(88)の乗用車が道路左側のコンクリート塀に衝突し、助手席に乗っていた妻の愛子さん(85)が首を強く打って間もなく死亡した。残間さんも胸骨骨折などの重傷。

 現場は片側1車線の直線で、山形県警新庄署が事故原因を調べている。

関連記事(外部サイト)