3人点滴中毒死、無期懲役の判決に地検が控訴

3人点滴中毒死、無期懲役の判決に地検が控訴

久保木愛弓被告

 横浜市の旧大口病院で2016年9月に高齢の入院患者3人を殺害したなどとして、殺人罪などに問われた元看護師・久保木愛弓被告(34)について、横浜地検は22日、無期懲役を言い渡した1審・横浜地裁の裁判員裁判の判決を不服として東京高裁に控訴した。地検は死刑を求刑しており、量刑不当などを控訴理由としている。

 1審判決は、久保木被告が患者3人の点滴に消毒液を混ぜて中毒死させたと認定した。争点となった久保木被告の責任能力を「完全にあった」とし、身勝手な動機で計画的に3人の命を奪ったと厳しく非難。一方で、深く反省している点を重視し、「死刑を選択するには躊躇(ちゅうちょ)せざるを得ない。更生の道を歩ませるのが相当」と結論づけた。

 検察側の控訴を受け、1審で無期懲役が相当だと主張していた弁護側も22日、控訴した。判決が被告の完全責任能力を認定した点を不服としているとみられる。

関連記事(外部サイト)