2人死亡の住宅火災、ガソリンまき放火か…焼け跡から成分検出・同居男性の行方捜す

2人死亡の住宅火災、ガソリンまき放火か…焼け跡から成分検出・同居男性の行方捜す

2人死亡火災 ガソリンを検出

2人死亡の住宅火災、ガソリンまき放火か…焼け跡から成分検出・同居男性の行方捜す

現場検証する捜査員ら(22日午前9時19分、兵庫県稲美町で)=北野浩暉撮影

 兵庫県稲美町で住宅が全焼し、2人の遺体が見つかった火災で、焼け跡からガソリン成分が検出されたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は何者かが屋内でガソリンをまいて火を付けたとみて現住建造物等放火容疑で捜査。この家に住む50歳代の男性と連絡が取れておらず、県警は何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。

 火災は19日午後11時50分頃に発生。木造2階建て約220平方メートルを全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。この家には小学校高学年と低学年の兄弟2人と両親、母親の兄で兄弟の伯父にあたる50歳代の男性の5人が暮らしていた。

 出火当時、母親は仕事で外出し、父親は母親を車で迎えに行っており、家には兄弟と伯父の3人がいたとみられる。身体的な特徴から遺体は兄弟とみられ、伯父の所在がわかっていない。

 捜査関係者によると、ガソリン成分は焼け跡にあった繊維の燃えかすから検出された。父親が家を出た約15分後、家から炎が上がる様子を近くの住民が目撃しており、短時間で激しく燃え広がっていた。

 両親の県警への説明では、当時、兄弟は2階で寝ており、伯父は普段は1階の部屋にいた。県警は22日も朝から現場検証を実施し、出火元などを調べている。

関連記事(外部サイト)