甲府の住宅放火、19歳少年を夫婦殺害の容疑で再逮捕

甲府の住宅放火、19歳少年を夫婦殺害の容疑で再逮捕

山梨県警察本部

 甲府市の民家が全焼し、焼け跡から住人夫婦の刺殺体が見つかった事件で、山梨県警は22日、同市の少年(19)を殺人容疑で再逮捕した。逮捕は3度目。少年は容疑を認め、「夫婦の長女に好意があったが、成就しなかったので家族4人全員を殺そうと思った」と供述している。

 発表などによると、少年は10月12日午前3時半〜同50分頃、同市蓬沢の会社員井上盛司さん(55)方で、井上さんと妻の章恵(ふみえ)さん(50)を果物ナイフなどで複数回刺し、失血死させた疑い。

 県警によると、少年は木造2階住宅の1階で夫婦を刺した後、騒ぎを聞きつけて2階から下りてきた次女を刃物で殴り頭にけがをさせ、証拠隠滅のためにライター用オイルを室内にまいて火を付けて逃走したとみられる。2階にいた長女は無事だった。

 少年は事件当日の夜、約30キロ離れた県内の駐在所に出頭。県警は翌13日、少年を次女に対する傷害容疑で逮捕し、今月2日には現住建造物等放火容疑で再逮捕した。

関連記事(外部サイト)